F1ニュース

2018.06.12

F1 Topic:パワーユニット決定を引き延ばすレッドブルにルノーが激昂、正式発表はオーストリアGPか


 カナダGPでレッドブルとルノーがまた意見を衝突させた。「カナダGPのアップデートを見たうえで、2019年に使用するパワーユニットを決定したい」というレッドブルの要求を受け入れていたルノー。 

 しかし、カナダGPでレッドブル側が「発表はチームの母国グランプリとなるオーストリアGPになる」と発言したからだ。

 つまり、ルノーはあと3週間待たなければならない。これにシリル・アビテブール(ルノー/マネジングディレクター)が激昂した。

 カナダGPのレース後、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、2019年のPUに関して次のように語った。

「カナダGPで多くのデータを得ることができた。ホンダに関しては、われわれはアップデートの詳細を知る立場にないので、GPSデータなどから、正確なパフォーマンスを判断することとなる。われわれはオーストリアGPで発表しようと考えているから、もう1戦様子を見る時間がある。エンジニアたちの意見を聞いたうえで、最終的に(ディートリヒ・)マテシッツが判断することになるだろう」

 アビテブールは「もう彼らが必要としている情報はすべてそろっているのだから、なぜ決定しないのか理解できない」と海外のメディアに不満を述べている。

 ルノーとホンダのアップグレードされたPUのピークパワー時の馬力は、GPSのデータとその時採用していた空力パッケージの空気抵抗から、おおよそ弾き出せる。おそらく、アビテブールはルノーのエンジニアたちからホンダの情報を知らされており、ルノーが依然としてホンダを上回るパワーを維持していることを知っているのだろう。

 しかし、レッドブルにしてみれば、ピークパワーの馬力では、データは十分ではない。マックス・フェルスタッペンは3位に入ったが、チームメイトのダニエル・リカルドはドライバビリティに苦しみ、フェルスタッペンから12秒遅れの4位に終わった。

「僕たちは今週末にアップグレードされたPUを得たけど、僕のマシンはその調整とドライバビリティに苦しんだため、アップグレードの恩恵がどれくらいあるのかは、今はまだわからない」(リカルド)


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

B-MAX Girl/2018SF
生田ちむ(いくたちむ)

Photo Ranking

フォトランキング