F1ニュース

2018.06.13

「フェラーリはそろそろライコネンを降ろすべき」と元F1ドライバー


 元F1ドライバーで現在Sky F1のコメンテーターを務めるマーティン・ブランドルは、キミ・ライコネンはもうF1を去るべき時期に差し掛かっていると主張、フェラーリは来年、シャルル・ルクレールを起用した方がよいとの考えを示した。

 今年のライコネンは、トラブルが発生したり、戦略にミスがあったりと、何度か不運に見舞われている。一方で、予選でフロントロウに並べたはずのチャンスを何度か棒に振り、レースペースでもチームメイトのセバスチャン・ベッテルに及ばないことがしばしばあるのも確かだ。

 2007年のF1世界チャンピオンであるライコネンは、今年39歳になる。ブランドルは、ライコネンは今シーズン末でF1キャリアを終えるべきであるとの見解を示した。

「フェラーリはキミに危機感を持たねばならない」とブランドルは、カナダGP後にSky Sportsのコラムに記している。

「彼が最も人気のあるドライバーのひとりであることは知っているが、彼は予選でまたもミスを犯し、日曜決勝ではチームメイトより30秒近くも遅れてフィニッシュした」

「彼らはどうするつもりだろう? 私の考えでは、キミのキャリアはもう終わりに来ていると思う。彼は今でも時折本当に速いところを瞬間的に見せることはあるが、必要なレースペースを絶えず発揮し続けるということがもはやできない」

「それにセブ(セバスチャン・ベッテル)の援護射撃もできていない」

「コンストラクターズ選手権を制することはフェラーリにとって非常に重要なことだ。彼らは楽しみのために市販車のダッシュボードの上に獲得タイトルのリストを置いているわけではないのだ。もしこの時代にレッドブルやメルセデスを相手にタイトルを勝ち取りたいのなら、来年はベッテルのチームメイトに(ダニエル・)リカルドかルクレールのようなドライバーが必要だ」

「そしてそのことにベッテルも折り合いをつける必要がある」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています