Blog ニュース

投稿日: 2018.06.15 18:47
更新日: 2018.06.22 10:14

【ブログ】抜きやすいコースはどこいった/F1カナダGP自宅特派員レポート


Blog | 【ブログ】抜きやすいコースはどこいった/F1カナダGP自宅特派員レポート

 ほぼ毎戦連載中のホンマさんの自宅特派員レポート。気づけばシーズンの3分の1を消化、仕事よりも真深夜のF1視聴を選んでしまったホンマさん……眠気を我慢しながら見ていたカナダGPの模様をいつもの感じでお伝えしています。

************************************

こんにちは、自宅特派員のホンマです。
最近、時の流れが異常に速く感じております。

2カ月前にメルボルンで開幕戦を観ていたはずなのに、気が付けばカナダ。
シーズン3分の1消化ですよ。

この調子でいくと、あっという間に来シーズンになってしまうのではと今から震えております。
ホンマが生きていた証のレポートとして、ろうそくの炎揺らめかせながら、今回も書かせていただきます。

そうそうカナダGP。
わたくしにとっては、とても思い出深いGPでございますよ!
2011年、Team Lotusでお世話になっていたMini Heikkiが、あのカナダの川に沈みました……。

というかおじさん何やってんの・・・

海の藻屑というよりは、河童の川流れですな。
たぶんきっと、今もどこかに沈んでいます。
Mini Heikkiよ、永遠に。

さてカナダGP。
あのつまらないレースNo.1のモナコから、あっさり王座を奪い取りましたよ!

ただでさえ我らサラリーマンの睡眠を削り取る、恐怖の丑三つタイムに加えての、このつまらなさたるや、あああ~~~。
毎回レース時にはメモを取っているのですが、この決勝では、眠気のあまり何度も自動書記になっておりました。
これでは霊界通信です。

ところで『抜きやすい』と言われていたサーキットが、なぜ抜けないのでしょうか?
前の車に近づくとダウンフォースを失うのって、おいしそうな食べ物に近づくと高カロリーの重圧で食欲を失う、みたいな感じ? あれ余計にわからん(笑)。

DRSゾーンが3か所に増えたけれども、まったくその恩恵を感じませんでしたし、
FIAさんでは2019年のレギュレーションを検討中のようですが、まあそりゃそうだ。

とにかくこのカナダさん、ライン外すとタイヤカスとホコリなリスクがでかすぎる!
どうせ抜けないDRSゾーン増やすより、ウッドチャックの身の安全性を高めてあげてほしいのよ。

DRSゾーン増やすよりもウッドチャックを守りたい…。

スタート時、3周目以内のSC(セーフティカー)出動率100%と聞いて、ちょっぴりときめいておりましたが、
ランス・ストロールくんとブレンドン・ハートレーさんの、壁ドンからの壁ドン返しで、今レースもSC出動と相成りまして。

ハートレーくんが引いたほうがよかったんじゃないの? っていう意見もみましたが、
わたくし的には、いやあそこで引かないのがレーサーだろう? と思ってみたり。
審議は、両者お咎めなしでございます。

カナダで沈んだハートレーとストロールくん

同じくスタート時に抜かれた、我らがキミ・ライコネンさん。
これまたきれいな引き際で、とってもあっさりテイスティ。

まあなんだ、良くも悪くもセーフティドライバーなんだよねぇ。


Blog News Ranking

    本日のレースクイーン

    PUMA
    一瀬優美(いちのせゆうみ)

    Blog Photo Ranking

    フォトランキング