F1 ニュース

2018.06.25

ホンダ田辺TD「クラッシュで1台を失い、入賞果たせず。PUトラブルの調査を続けて次戦に備える」:F1フランスGP日曜


F1 | ホンダ田辺TD「クラッシュで1台を失い、入賞果たせず。PUトラブルの調査を続けて次戦に備える」:F1フランスGP日曜

 2018年F1フランスGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはリタイア、ブレンドン・ハートレーは14位だった。
                       
 14番グリッドからスタートしたガスリーは1周目のターン3でエステバン・オコンと接触し、マシンをとめた。このアクシデントについてスチュワードは、ふたりともが楽観的な動きをしたことで接触が起きたと判断、両者に戒告処分を科した。

 ハートレーはパワーユニット交換により最後尾からスタート、アクシデントに巻き込まれることなくレースを1回ストップで走り切ったが、入賞には届かなかった。

 ホンダは、1週間後に行われるオーストリアGPに向け、ハートレーのパワーユニットに起きた問題について調査を続けると述べている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 今回のフランスグランプリは、全体として難しい週末になりました。初の母国グランプリを迎えたピエールが、スタート直後にクラッシュに巻き込まれてレースを終えたことは、我々だけでなくフランスのファンにとっても残念な結果です。

 PU交換によるペナルティで最後尾からのスタートとなったブレンドンは、いくつかのオーバーテイクを見せて順位を上げました。その後も最後まで堅実な走りを続けたものの、ポイント獲得には至りませんでした。

 来週にはまたすぐにオーストリアグランプリがやってきますので、気持ちを切り替えて準備を進めます。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
鳴村なか(なりむらなか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング