F1 ニュース

投稿日: 2018.07.30 00:25
更新日: 2018.07.30 03:52

F1ハンガリーGP決勝:ハミルトン完勝、トロロッソ・ホンダのガスリーが殊勲の6位入賞


F1 | F1ハンガリーGP決勝:ハミルトン完勝、トロロッソ・ホンダのガスリーが殊勲の6位入賞

 7月29日現地時間午後3時10分、F1第12戦ハンガリーGP決勝が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインを飾った。トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは6位入賞を果たしている。
 
 この日は土曜とは打って変わって朝から晴天に恵まれ、気温は34度、路面温度は57度と非常に暑いコンディションとなった。

 パルクフェルメでランス・ストロール(ウイリアムズ)は、フロントウイングを別スペックに交換しサスペンションのセッティングも変更したため、ピットレーンスタートが義務づけられることとなった。

 前日の予選が雨だったためスタートタイヤは全車が自由に選択でき、上位勢はウルトラソフトタイヤをスタートに選び、トップ10ではセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とカルロス・サインツJr.(ルノー)だけがソフトタイヤを選択した。

 11番手以下ではマーカス・エリクソン(ザウバー)とセルジオ・ペレス(フォース・インディア)がウルトラソフト、ピットスタートのストロールはミディアム、それ以外はソフトを選んだ。

2018年F1第12戦ハンガリーGP
2018年F1第12戦ハンガリーGP

 スタートは大きな混乱なくポールポジションのハミルトンがホールショットを奪い、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が2番手。その背後につけたキミ・ライコネン(フェラーリ)をベッテルがターン2でアウト側からパスして3番手に上がった。

 5番手には好発進でターン1までにガスリーとサインツを抜いたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がつけ、その後の攻防でガスリーが6番手、ケビン・マグヌッセン(ハース)が7番手、サインツ8番手、ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)9番手、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)が10番手という順位になった。

 ターン1でエリクソンに追突されたダニエル・リカルド(レッドブル)は、事なきを得て15番手からじわじわと中団勢を抜いていく。

2018年F1第12戦ハンガリーGP マシントラブルでリタイアを喫したマックス・フェルスタッペン

 6周目にフェルスタッペンは、パワーを失いコース脇にストップしてリタイアとなってしまう。これでガスリーは5番手に浮上した。

 そしてフェルスタッペンのマシンを回収するためバーチャルセーフティカー(VSC)が導入。無事マシンの回収を終え、VSC解除と同時にロマン・グロージャン(ハース)はフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)をパスして10番手に上がり、9周目にはリカルドもアロンソをパスする。


本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
橘香恋(たちばなかれん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング