F1ニュース

2018.08.05

ライコネン、ベッテルとの関係は「政治的なものではなく友情」と語り、フェラーリF1残留を望む


F1 | ライコネン、ベッテルとの関係は「政治的なものではなく友情」と語り、フェラーリF1残留を望む

 キミ・ライコネンは、フェラーリF1でのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルと培ってきた確固とした関係は、政治的なものではなく友情であると語っている。

 ライコネンとベッテルはフェラーリでの4年目をともに過ごしている。2014年にチームに復帰して以来、ライコネンはいまだ勝利のない状態が続いているが、2018年は8度の表彰台を獲得しており、その大半は直近の5戦での連続表彰台だ。

 今季4度の優勝を果たしているベッテルには劣るものの、ライコネンはフェラーリとの契約を延長し、彼の貢献を称賛するベッテルのチームメイトとして残留することを望んでいる。

 ライコネンはドイツのSport Bildのインタビューに対し、「馬鹿だと言われるよりはマシだね! 言われることもあるけど、珍しいことだよ……」と冗談めかして答え、さらに以下のように続けた。

「冗談はさておき、僕らは常に上手くやってきた。彼との間に政治的なことや、ばかげたことはなにもない。ただ普通の友情があるだけなんだ」

「彼はとても率直で、成功しているからといって何ら変わらない。クラッシュしたときでさえ、その後に話をするときには話題にもならない。2017年のシンガポールで僕らがクラッシュしたときも、話し合いも、沈黙もなかったんだ。彼は自分のミスを認められる男だし、僕も同じだ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

T’s CONCEPT
旭はるな(あさひはるな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング