F1ニュース

2018.08.08

マグヌッセンの残留は濃厚か。グロージャンの去就は「サマーブレイク後に判断」とハースF1代表


 ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、2019年のドライバーラインアップについて明らかにしていないが、ケビン・マグヌッセンが来年もチームのシートを確保することはほぼ確実のようだ。 

 F1で4年目となるマグヌッセンは今シーズン調子を上げており、高いパフォーマンスを発揮してポイントを獲得することもあることから、自身の立場を有利なものにしている。

 マグヌッセンは、これまでに所属したマクラーレンやルノーとは対照的に、ハースが才能を開花させるのに良い環境だと捉えていると、シュタイナーは考えている。

「それについてはジーン・ハースに感謝しなければ」とシュタイナーはフランスのAuto Hebdoに述べた。

「ジーンは、人が考えて行動する際に干渉しないでいることを好むから、そのことにケビンは助けられているだろう」

 一方、134回グランプリに参戦したベテランであるロマン・グロージャンは、ミスや悪運が重なってトラブルの多いシーズンを過ごしており、そのことが2019年のチームのドライバー選択にマイナスの影響を及ぼすこともあり得る。

「先のことについては話したくない。グロージャンについてはサマーブレイクの後に考えよう」

「私はロマンに大きな尊敬の念を抱いている。3年前に我々のチームに加わるというリスクを他に誰が負っただろう? 彼は我々と我々のプロジェクトを信じてくれたのだ」

 多くのドライバーがハースのシートを狙っていると見られており、、グロージャンが2019年のシートを確保できるかどうかは定かではない。

 フォース・インディアのセルジオ・ペレスがグロージャンの後任候補ではないかと噂されているほか、フェラーリがキミ・ライコネンの契約延長を決断した場合は、シャルル・ルクレールがフェラーリと提携するもうひとつのチームであるザウバーから移籍してくるのではないかとも言われている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています