F1 ニュース

投稿日: 2018.08.09 11:27
更新日: 2018.08.09 11:28

フェラーリのみせる“奇妙な”加速。エネルギーマネジメントに秘密あり


F1 | フェラーリのみせる“奇妙な”加速。エネルギーマネジメントに秘密あり

 フェラーリはハンガリーGPで、同社製パワーユニットのユーザーチームにのみ新スペックを搭載させた。ワークスチームに導入されるのは、夏休み明けのベルギーGPと予想される。

 これよりひとつ前のスペック2導入の際も、フェラーリは同じやり方をしていた。まずモナコでハースとザウバーに新スペックを使わせ、次戦カナダでセバスチャン・ベッテルが同じものを搭載した。これはもちろん、ユーザーチームによる実戦テストの意味合いが強い。

 フェラーリ製PUをめぐってはメルセデスのトト・ウォルフがドイツGPで、「われわれよりストレートだけでコンマ5秒速い」と発言し、大きな話題となった。ところが不思議なのは、すべてのストレートでいつもフェラーリが速いわけではなく、あるストレートに限ってもフェラーリの速度の伸び方は独特なのである。

 ドイツの『アウト・モーター・ウント・シュポルト』誌は先日、ホッケンハイムのターン2立ち上がりからターン6フルブレーキングまでの全開区間の、全20台のGPSデータを公表した。

 それによれば全長850mのこの区間において、最初の200mでは特に大きな変化はない。それが時速225kmを越えた地点から差が出始める。

 フェラーリとメルセデス、そしてフォース・インディアが、他の7チームに先んじるのだ。さらに時速250kmに達すると、突然フェラーリSF71Hだけがライバルたちの前に出るのである。そして最後の50mで、他車がようやく追い付いて行く。

 フェラーリのストレート後半からの加速は、ライバルたちをかなり驚かせている。「確かにかなり奇妙だ」と、ルノーのシリル・アビテブールは言う。

「奇妙=不法というわけではないが、それにしても変わっている。一般的には回生エネルギーを放出するのは、ストレートの立ち上がりだからだ。タイムを稼ぐにはそこでフルパワーを出す。言い換えればできるだけ速い段階で最高速に達するのが、最良の方法のはずなんだ」

 一方、ルノーのパワーユニット部門を統括するレミ・タファンはこう説明する。

「ドライバーがスロットルを全開にする段階で最大のエネルギーを利用できるよう、われわれはエネルギーマネジメントを考えている。なので長いストレートの後半では、時にエネルギー切れを起こすこともある」

「そのためドライバーはその辺りでスロットルを緩めたり、あるいはMGU-Kを切ったりする。ところがフェラーリは、そんな定石とはまったく違う加速のしかたをしてることになるね」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング