F1 ニュース

投稿日: 2018.08.10 07:00
更新日: 2018.08.10 15:11

1カ月前にリカルド移籍を予測していたビルヌーブ「誰も僕を信じなかった」


F1 | 1カ月前にリカルド移籍を予測していたビルヌーブ「誰も僕を信じなかった」

 ダニエル・リカルドが2019年にルノーへ移籍することに、F1界の誰もがショックを受けたが、ジャック・ビルヌーブだけはリカルドのレッドブル離脱を1カ月前に予測していたという。

 リカルドは先週、10年にわたるレッドブルとの関係に幕を下ろしてルノーに移籍する決断を発表し、F1コミュニティを驚愕させた。彼はフルワークスチームであるルノーに明るい前途を見出しているようだ。

 しかしながらビルヌーブにとってリカルドの移籍は驚きではなかった。

「このことについて1カ月前にも話してきたが、誰も僕を信じなかった」と1997年のF1世界チャンピオンであるビルヌーブは述べた。 

「誰もがリカルドがレッドブルに留まると考えていたが、彼がルノーに行くのは素晴らしいことだ。豊富な財源を持つワークスチームだからね」

「レッドブルとホンダの協業には信用がない。また、レッドブルはある意味ではマックス・フェルスタッペンのチームであり、すべての配慮は彼に向けられている」

 ルノー・スポールF1トップのシリル・アビテブールは、チームの2019年のドライバーラインアップについてはいくつかの選択肢があったことを認めた。

 アビテブールは、エステバン・オコンもチームの候補リストに名を連ねていたが「契約に至らなかった」とし、カルロス・サインツJr.を残留させることも検討していたという。

 一方で最終的にリカルドと契約することはチームにとって逃すことのできないチャンスだった。

「100パーセントのルノードライバーを擁するという、我々にとって唯一にして最高の選択肢だった。逃すには惜し過ぎるチャンスだ」とアビテブール。

「彼と契約せずにはいられなかった。このような機会は2、3年おきに1度しか起こらない」

「次にトップドライバーたちが動きを見せるのは、2021年以降のことになるかもしれない」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Vガール
愛聖りさ(あいせりさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング