F1 ニュース

投稿日: 2018.08.09 15:28
更新日: 2018.08.10 15:10

オコンにシート喪失の危機。次戦ベルギーGPでストロールがフォース・インディアから出走か


F1 | オコンにシート喪失の危機。次戦ベルギーGPでストロールがフォース・インディアから出走か

 フォース・インディアがカナダの大富豪ローレンス・ストロールに買収されたことで、息子のランス・ストロールが2019年から同チームのレースドライバーになることが確定した。しかし、ここに来て、「いやいや、ストロール家が2019年まで待つはずがない」という声も聞こえて来た。その発言の主は、ジャック・ビルヌーブである。
 
 ビルヌーブによれば、「もともと息子をフォース・インディアに移籍させることが買収の目的だったのだから、1レースでも早くデビューさせたいはず」というのだ。

「ローレンスが最有力の買収候補だと、僕はずっと言い続けて来た。でもこんなに早くカタがついたのは、正直予想外だったよ。買収手続きが完了すればすぐに、ドライバーを交代させるだろうね」
 つまり夏休みの間に手続きが終われば、次戦ベルギーGPからランス・ストロールはフォース・インディアで走ることになる。

「チームはストロール家の意向を無視できない。1戦でも早くフォース・インディアのマシンに慣れさせたいと言われれば、従わざるをえないだろう。開発中の2019年マシンにストロールのドライビングスタイルを反映させるためにも、それがベストだろう」

 とはいえ現行ドライバーのエステバン・オコンとセルジオ・ペレスは、2018年末までの契約がある。しかしビルヌーブは、「そんなもの、どうにでもなる」という。

「F1では何だって可能だってことを、僕らは過去何度も見てるじゃないか。契約なんて、いつでも買い直すことは可能だ。だからシーズン中のドライバー交代は、十分にあり得るよ」

 となると放出させられるドライバーは、オコンになる可能性が高い。一時はルノーへの移籍が有力視されるなど、トップドライバーの道を順調に歩んで来たかに見えたオコンだが、ここに来て一転、最悪の場合2019年のシートを失う恐れさえ出て来てしまっている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
津田知美(つだともみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング