F1 ニュース

投稿日: 2018.08.23 14:15

ホンダF1田辺TD「エネルギーマネジメントは前半戦で向上。それを生かしてベルギーでいいレースを」


F1 | ホンダF1田辺TD「エネルギーマネジメントは前半戦で向上。それを生かしてベルギーでいいレースを」

 今週末の2018年F1第13戦ベルギーGPについて、ホンダF1テクニカルディレクターの田辺豊治氏は、スパ・フランコルシャンではパワーユニット/エンジンの性能が重要であり、シーズン前半戦を通してエネルギーマネジメントを向上させてきたことがこの週末に役立つと語った。

 ロングストレートと高速コーナーを備え、7.004kmと長い全長を持つスパは、パワーユニットのパワー、エネルギーマネジメントがカギになるサーキットだ。

 ホンダは2018年前半戦で学んだことを生かし、この困難なサーキットで好結果を出すことを目指す。

「今週末のレースの舞台となるスパ・フランコルシャンは、オー・ルージュなどに代表される高速セクションのためにドライバーズサーキットとしてよく知られていますが、同時にPU(パワーユニット)のパワーが重要になるサーキットです」と田辺テクニカルディレクター。

「ここは年間カレンダーの中で1周の距離が最長のトラックでもあるので、回生エネルギーの使用と回収のバランスがキーになります。そのため、エンジニアは予選パフォーマンスとレースでのオーバーテイクの両方を考慮しながら、エネルギーマネジメントの最適化を行います。この部分に関しては前半戦の戦い、特にアゼルバイジャンでのレースなどを通して多くのことを学んできましたし、その経験を今週末も生かせると考えています」

「当然、チームの戦略にも関わるため、ドライバーも含めて十分にコミュニケーションを取った上で戦略を構築していきます。予報を見ると今週末の天気は不安定なようですので、その点についても十分に準備した上で週末に臨みます」


関連のニュース