F1 ニュース

2018.08.28

ハースF1、FIA F2チームから解雇された短気なフェルッチをジュニアプログラムに残留させる


F1 | ハースF1、FIA F2チームから解雇された短気なフェルッチをジュニアプログラムに残留させる

 FIAからF2の出場停止処分を受け、所属していたトライデントチームから解雇されたサンティノ・フェルッチは、ハースのジュニアプログラムのメンバーとして残留することになった。

2018年F1オーストリアGP ハース ケビン・マグヌッセン ロマン・グロージャン

 態度に問題があるとされている20歳のアメリカ人フェルッチは、2018年F2第7戦イギリスのレース2でトライデントのチームメイトであるアルジュン・マイニに故意にホイールを接触。さらに、マイニを意図的にコース外に追い出しレース結果から除外されるという深刻な問題行動を起こしていた。

 その後、トライデントは声明を出し、「シルバーストンで発生した出来事のほかに、ドライバーによる支払い義務についての重大な違反があった」としてフェルッチを解雇している。

 フェルッチの最低な行為にもかかわらず、ハースは短気な彼をチームに留め、彼の今後の実績に注視していくようだ。フェルッチは、2018年インディカーのポートランドおよびソノマでの2レースにデイル・コイン・レーシングから参戦する予定となっている。

「我々は当分の間、彼をプログラムに残すと思う」とハースF1ボスのギュンター・シュタイナーはベルギーで語った。

「インディカーで彼がどう走るか、よく見ていくことになるだろう」

「彼はキャリアを築こうとしているのだから、最後に彼の足をすくうようなことはしたくないのだ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング