F1ニュース

2018.08.29

F1 Topic:約20馬力相当のパワーでメルセデスを引き離したフェラーリの“合法トリック”


F1 | F1 Topic:約20馬力相当のパワーでメルセデスを引き離したフェラーリの“合法トリック”

 F1第13戦ベルギーGPでフェラーリのセバスチャン・ベッテルに完敗したメルセデスのルイス・ハミルトンは、レース後の会見で 「われわれはフェラーリの『トリック』に対抗しなければならない」とコメントした。

『トリック』という言葉を『騙し』と受け取ったハミルトンの母国のイギリス人記者たちが、一斉に「トリックとは、何かルール違反をやっているということなのか?」、「フェラーリはレギュレーションの範囲内でルールの盲点を突いているのか?」などと突っ込みを入れた。

 これに対して、ハミルトンは「僕のマシンにもトリックはある。トリックというのは違法という意味で使ったのではなく、特別な『何か』という意味だ」と答えた。

 そして、こう付け加えた。「それが何なのかはわからないけど」

 フェラーリのトリックを最初に報じたのは、ドイツのアウト・モーター・ウント・シュポルト誌だ。

 それは、「メルセデスがフェラーリのバッテリーに違法ないかどうかをFIAに抗議する予定だ」というものだった。

 その後、FIAはフェラーリのバッテリーに違法性はないと発表。するとカナダGP以降のパワーサーキットで、フェラーリがメルセデスを上回るパフォーンスを見せはじめた。

 アウト・モーター・ウント・シュポルト誌によれば、「フェラーリは許容されている4メガジュール以上のエネルギーをバッテリーから得ている疑いがある」とし、「そのエネルギーはセンサーをすり抜ける形で供給され、約20馬力相当のパワーを得ている」と報じている。

 では、合法的に4メガジュール以上のエネルギーを得ることができるのか。最初に疑われたのは、2つ目のバッテリーだ。しかし、もし通常のバッテリー(エナジーストア)以外にバッテリーを用意しても、センサーによって4メガジュールという上限をチェックされている。どうすれば、合法的に4メガジュールを超えるエネルギーをパワーアシストとして使用できるのか。

■ライバルが疑うフェラーリPUの電子制御装置の抜け道


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

T’s CONCEPT
旭はるな(あさひはるな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング