レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2018.09.02 09:17

ハートレーは予選18番手「ガスリーとのわずか0.1秒差が明暗を分けた」:トロロッソ・ホンダ F1イタリアGP土曜

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | ハートレーは予選18番手「ガスリーとのわずか0.1秒差が明暗を分けた」:トロロッソ・ホンダ F1イタリアGP土曜

 2018年F1イタリアGPの土曜予選で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは18番手だった。

 土曜午前FP3でハートレーは1分23秒164で20番手という結果だった。予選Q1での最初のランでは1分23秒684、1分22秒812、1分22秒711とタイムを更新。2セット目のタイヤで1分21秒934をマークしたものの、18番手に終わり、Q1敗退という結果になった。チームメイトのピエール・ガスリーは予選9番手だった。

 土曜時点では、ハートレーはダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグの降格により16番グリッドからのスタートになることが暫定的に決まっている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ブレンドン・ハートレー 予選=18番手
 今日の予選は信じられないほどの接戦だった。最後のラップはそれほど悪くはなかった。ターン1でミスはあったが、それ以外は問題なくクリーンに走行できたんだ。

 昨日のプラクティスでウエットコンディションで走った時には競争力が高かったので、予選で雨が降ればそれがアドバンテージになったかもしれない。でも今日のマシンの感触は悪くなかった。チームはピエールと僕に合うようにうまくマシンを調整してくれた。

 今日の中団争いは本当に接戦だった。F1にとっては素晴らしいことだけど、僕自身は僅差で続く集団の後ろの方になってしまったことが残念だ。(Q1では)ピエールと僕のタイム差はたったの0.1秒だったのに6ポジションの差がついた。

 予選18番手となったことで、決勝でより苦労することになるから残念だ。ただ、降格ペナルティを受けるドライバーたちがいるから、僕のグリッドは少し繰り上がるけどね。


関連のニュース