F1 ニュース

投稿日: 2018.09.09 12:05
更新日: 2018.09.09 12:06

2019年からマクラーレンF1昇格のノリス、ドライバーラインナップ一新は「チームが新たなスタートを切るチャンス」


F1 | 2019年からマクラーレンF1昇格のノリス、ドライバーラインナップ一新は「チームが新たなスタートを切るチャンス」

 マクラーレンF1への昇格が決まったランド・ノリスは、2019年にまったく新しいドライバーラインアップを擁することは、チームにとって新たなスタートを切るチャンスになると考えている。

 ノリスは2019年シーズンに、マクラーレンでカルロス・サインツJr.のチームメイトとなる。現在のドライバーであるフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンはチームを去ることになっており、アロンソはおそらくインディカーなど別シリーズへの移行を決めている。バンドーンは2019年シーズンには、マクラーレンから放出されることとなった。

 アロンソとともにレースに出るという機会があれば、ノリスはその挑戦を楽しんだだろう。バンドーンの現在の苦境を見れば難しい状況とはなるだろうが、しかし結局のところ彼は新たなふたりのドライバーでゼロから始めることが、マクラーレンにとってより良い判断であったと考えている。

「フェルナンドを尊敬しているし、マクラーレンを通じて彼とデイトナで仕事ができたことは素晴らしかった。マクラーレンの歴史を考えると、チームとしてともに向上していくうえでは、カルロスと互いに競い合っていくことがいいと思う」

「もしフェルナンドが来年もチームにいたら、間違いなくチーム改善の助けになっただろうと思う。でもこれまでの何年かを見ていると、優れたチームは時折新たなスタートを切るものだ。特に今のマクラーレンの状況ならね」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

2019 D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング