F1 ニュース

2018.09.10

ハートレー、シミュレーターでの走行もこなし自身初のF1シンガポールGPに意気込み


F1 | ハートレー、シミュレーターでの走行もこなし自身初のF1シンガポールGPに意気込み

 次戦F1シンガポールGPにおいて、ブレンドン・ハートレーは自身が未経験のサーキットでのレースで、努力を惜しまず走るだろう。トロロッソのマネジメント陣が2019年のドライバーラインナップを決定する前段階のレースとして、彼にとって最後のチャンスになる可能性があるからだ。

 チームメイトのピエール・ガスリーは来季、レッドブルへの昇格が決まっており、ハートレーは2年目となる来季も自身のフルシーズンでのシートを確保すべく、戦っている。そして次戦のシンガポールは、彼が自身の価値を示すための場となるかもしれない。

「歴史的に見て、トロロッソはここでは上手くやってきた。ここ2戦は厳しいレースとなることが分かっていたけれど、シンガポールはパフォーマンスを発揮するチャンスであると、トロロッソの全員が見ている」

「先週シミュレーターでのドライビングをした。コースは正確に3Dマッピングされたものだから、すべてのバンプや縁石を学習する機会になったよ」

「実際に金曜日のプラクティスでコースに出た際に、自分が基準とする部分を掴み取ることができた。どこを走るのかを視覚的に掴み取ることで、完璧な準備ができる」

「チームとして見ると、コースに出る前の段階から多くのセッティング変更を加え、ドライバーがマシンの中で良い感触を得られるかどうかを試すことができる」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
熊林保奈美(くまばやしほなみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング