F1 ニュース

投稿日: 2018.09.30 21:22

トロロッソ・ホンダF1、2台揃ってわずか4周でリタイア。ブレーキトラブルの可能性/F1ロシアGP決勝


F1 | トロロッソ・ホンダF1、2台揃ってわずか4周でリタイア。ブレーキトラブルの可能性/F1ロシアGP決勝

 F1ロシアGP決勝、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは、ともにわずか4周でリタイアした。

 パワーユニットのエレメント交換により、ガスリーは17番グリッドからソフトタイヤで、ハートレーは20番グリッドからハイパーソフトでスタートした。

 しかし序盤にガスリーとハートレーが相次いでスピン、早々にピットインした。2台はガレージに戻され、そのままリタイアすることになった。

 その後、トロロッソは、2台をリタイアさせること、マシンの問題について調査を行っていることを発表した。

 リタイアを前にガスリーは無線で「このブレーキはどうなっているんだ?」と述べており、ブレーキ関係のトラブルの可能性がある。


関連のニュース

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
兎咲香(とざき かおり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング