F1 ニュース

2018.10.17

F1第19戦メキシコGP全20人のタイヤ選択:全チームがハイパーソフト重視のチョイスに


F1 | F1第19戦メキシコGP全20人のタイヤ選択:全チームがハイパーソフト重視のチョイスに

 ピレリは、10月26~28日に開催される2018年F1第19戦メキシコGPで、各チームが使用するタイヤセットを発表した。

 標高2300mに位置するアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで開催されるメキシコGP。空気が薄くダウンフォースが減少するため、タイヤ選択がレースの重要なカギとなる1戦だ。

 2017年のレースでは、ほとんどのドライバーが1ストップ作戦を採り、ウルトラソフト-スーパーソフトとつないだマックス・フェルスタッペンが優勝を飾っている。

 そんなメキシコGPにピレリが持ち込むコンパウンドはレッド・スーパーソフト、パープル・ウルトラソフト、ピンク・ハイパーソフトのもっとも柔らかい3種類。各チームは週末に使える13セットのうち、10セットを自由に選択することができる。

 各チームもっとも柔らかいタイヤを重視しており、8~10セットのハイパーソフトタイヤをチョイスしている。なかでもルノーとザウバーは、全チーム中最多となる10セットのハイパーソフトを選択した。

 タイトルを争うルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルは、両者まったく同じ選択。ハイパーソフト8セット、ウルトラソフト3セット、スーパーソフト2セットとしている。

 F1アメリカGPでは硬いコンパウンド重視の選択をしていたマクラーレンも、今回ばかりはハイパーソフトを重視。フェルナンド・アロンソがハイパーソフト8セット、ストフェル・バンドーンが9セットチョイスした。

 なお、トロロッソ・ホンダのふたりは、ハイパーソフト9セット、ウルトラソフト、スーパーソフトをそれぞれ2セットずつチョイスしている。

2018年F1第19戦メキシコGP 20人のタイヤ選択

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ ADVICS muta Racing fairies
斎藤みどり(さいとうみどり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング