F1 ニュース

投稿日: 2018.10.23 17:36

ライコネン、F1アメリカGP優勝もザウバー移籍への情熱は変わらず。「とても興奮しているよ」


F1 | ライコネン、F1アメリカGP優勝もザウバー移籍への情熱は変わらず。「とても興奮しているよ」

 F1アメリカGPでキミ・ライコネンは、113戦ぶりの優勝を果たした。2014年のフェラーリ再加入後、初の優勝となったが、その達成感は2019年のザウバー加入への情熱を変えることはできない。

 ライコネンの前回のF1優勝は、2013年の開幕戦オーストラリアGPだが、フェラーリでの優勝は2009年のベルギーGPにまで遡る。

 今回の優勝に至るまで、数多く表彰台を獲得、何度もチャンスを失ったが、オースティンでのレースは特別なものとなった。ライコネンのレース人生で新たな章を始める前に、フェラーリでのキャリアに区切りを付ける最高のタイミングだったのだ。

「僕は自分が行こうとしているところにとても満足していることを、みんな分かっていないと思う」とライコネンはザウバーへの移籍に関して語る。

「僕にはフェラーリでの時間があった。彼らとともにタイトルを獲得し、多くのレースで勝利した。そしてドライバーとして僕は違う挑戦を求め、変化することを望んでいるんだ」

「実際僕はザウバーに行くのがとても楽しみだ。ファクトリーは僕の家から大体40分ぐらいだから、僕の家族は喜ぶだろうし、僕は家族といられることが嬉しい」

「それが一番だろうと思う。そしてどの時点についても決断について失望はしていない」

 ライコネンは現在のシーズンが展開するにつれて、彼の将来について常に明確にしていたかったと語った。

「僕が関心を持っていたたったひとつのことは、何が起こるかということと、それ以外のことを把握することだった。そうしたことを知るのに僕はF1に十分長くいる。契約があるかどうかは関係ない。物事は色々な理由で起こる」

「結果として、僕はとても興奮しているよ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ2019
月愛きらら(かぐあきらら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング