Blogニュース

2018.11.03

【ブログ】ライコネンが勝った! 表彰台の真ん中で呑む姿に感無量/F1自宅特派員 アメリカ&メキシコGP編


2018年F1第18戦アメリカGPで優勝したキミ・ライコネン

 不定期連載のホンマさんの自宅特派員ブログ。今回はF1第18戦アメリカGP&F1第19戦メキシコGP編です。早朝だか深夜だか良く分からない時間帯のレースレポートを雪積もる北海道の大地から、テンション高めにお届けします。

————————–

こんにちは、自宅特派員のホンマです。
皆さん、お元気ですか?

わたくしホンマ、F1日本GP後、勢いづいてWEC富士に行ってしまいました。
初のWEC観戦でございます。

御殿場のホテルが取れなかったので、沼津まで足を延ばしたのですが、
沼津がまあ、何食べてもおいしいことおいしいこと。

釜揚げシラスと桜エビ、謎の深海魚にぴりりと山わさび。
天国か!
そして今、我が人生で見たことのない数値を体重計が示しておりまして。
地獄か……。

鈴鹿で食べまくり、沼津で食べまくり、天高くホンマ肥ゆる秋。
反省ばかりの人生であります。

さてF1第18戦アメリカGP。
今流行りのU・S・Aでございますよ!
ちなみにわたくしホンマも、カーモンベイーベーアメリカ♪な振りを練習してみましたが、
スキップが踏めない女に、あの足技ができるわけもなく。

今はジュリーのストリッパーを、毎日振り付きで歌っております。
ジャイアンリサイタル、いつでもお越しください。

それはさておきアメリカGP。
まず一番に思い出すのは、去年の(フェルス)タッペンさん!
あの「表彰台、なしよ」はなかなかに酷な裁定でした。
ライコさん(キミ・ライコネン)にとっても因縁深いGPでございます。

そのタッペンさんは、5グリッド降格で18番グリットからのスタート。
ライコさんは、セバスチャン・ベッテルさん降格のおかげで、2番グリッドからのスタートでございます。
ちょっと待ってフロントロー!
チャンピオンシップかかっているし、今までがアレな分だけ、過度の期待は駄目とわかっております。
わかっておりますが、夢見てしまうはファンの性。

その決勝。

夜なんだか朝なんだかよくわからんこの時間帯に、軍人さんの国歌斉唱を起立して聞く我。
……あれ? もしかしてこの方、去年とか一昨年も歌われてませんでしたか?
いやでも、自分に似た人間が世界に3人いるという説からすると、ちょうど3年(人)……。

快晴の空にたなびくアメリカ国旗に、アパッチさんは映えますなあ。
観客席に、普段あまり見かけない(失礼)ハースの応援団はいるし、セクシィーでダイナマイトなチアガールもいるしで、
アメリカGPって、好きだわあ。

……この魔の放送時間でなければ、もっと好きなんですけどねぇ……。

ウルトラソフトタイヤなライコさん、ナイススタートでございました!
ルイス・ハミルトンさんに牽制されますが、インから前に出れました、出れちゃいましたよ!

完璧だ。完璧な走り出しだ。
もうわたくしテレビの前に、ザ・仁王立ちでございます。

後方が何台かカオスなことになっておりますが、気にしない。
いやでも、できればセーフティカーは出ないでほしいの。
ライコさん、リスタートがヘタ(失礼)だから。

後は地道にギャップを開きたい。開かせて。開けごま!
もうホンマさん、必死です。
脳内でフェラーリ伴走しております。

その後方、どうやらフェルナンド・アロンソさんはランス・ストロールさんと、
ロマン・グロージャンさんはシャルル・ルクレールくんに接触してしまったようですよ。
アロンソさんとグロさん、ともにリタイアとなってしまいました。

せっかくレース前に良い感じに記念写真を撮ってたのに……

アロンソさんの、F1の残り少ないメモリアルを見に来たお客さんもお気の毒だけど、
本場ハースファンの皆さまに、どう言い訳するのよグロさんよぅ。

見事ペナルティポイントゲットで、スタンプカードはそろそろ満杯。
そろそろ出場停止のプレゼントと引き換えできますよ。

……悲しき(ペナルティ)ポイントリーダー、グロージャン。
残り3戦、慎重に走ってください、本当にお願いします。

2018年シーズンのチャンピオンが、決まってしまうかもしれないこのレース。
主役のひとりなベッテルさんの、踏ん張りどころ、見せどころなレースのはずでありましたが、まさかな事態に。

リカルドさんとの接触で、くるりんぱの後、かなり後退されてしまいました……。
これまたよりによって、どうしてこのふたり……。

ベッさん、よく回ってます……

レーシングアクシデントということで、ペナルティなしではございましたが。
ベッテルさん、チャンピオンがかかってる割にはちょっと(かなり)迂闊な仕掛けだったかもしれません。

そしてリカルドさん。
この後9周目に突然の停電でリタイアとなりまして、あまりについてなさすぎる。
レッドブルでの残り3戦は、どうか気持ちよく走れますように。

リカルド、シーズン7度目のリタイア……

リカルドさんカーの撤去で、バーチャルセーフティカー導入時にハミさんピットイン。
ソフトタイヤでコースに戻られました。
ということは2ストップ? 2ストップなの?

その後、快調にぶっ飛ばしてくるハミさんに、そりゃバルテリ・ボッタスさんも「お先にどうぞ」しますわな。
それに比べて順調にタイムが落ちてきているライコさん、だってそれがウルトラの性。

ハミルトンVSライコネン

近い近い、ハミさん近いです。
鼻息かかる距離(DRS圏内)にはいられてるハミさんを、ライコさん地味に抑え続けましたよ。
よくやった! がんばった!
そして22周目、ライコさんピットインでございます。


Blog News Ranking

    本日のレースクイーン

    WAKO'S GIRL/2018SGT
    一瀬優美(いちのせゆうみ)

    Photo Ranking

    フォトランキング