F1 ニュース

投稿日: 2018.11.12 13:42
更新日: 2018.11.12 13:43

トロロッソ・ホンダF1密着:決勝で苦しんだ原因は、パワーユニットのトップスピード不足か


F1 | トロロッソ・ホンダF1密着:決勝で苦しんだ原因は、パワーユニットのトップスピード不足か

「メキシコGPのレースでは14番手からスタートしたのにいいペースで走って、一時はポイント圏内に行けたのに、なぜ2週間後のブラジルGPでは苦しむことになったのか。チームはこれから数週間きっちり調べてくれると思う」

 第20戦ブラジルGPで16番手からスタートしながら11位に終わったブレンドン・ハートレーは、「今日のレースは僕のF1のキャリアの中でもベストなパフォーマンスだった」という走りを披露したものの、ポイント獲得はならなかった。

2018年F1第20戦ブラジルGP ピエール・ガスリー
2018年F1第20戦ブラジルGP ピエール・ガスリー

 チームメイトで9番手からスタートしたピエール・ガスリーはスタート直後に8番手にポジションを上げたものの、その後ダニエル・リカルド(レッドブル)、ケビン・マグヌッセン(ハース)、セルジオ・ペレス(メルセデス)に抜かれ、ポイント圏外に脱落した。「今日はハートとフォース・インディアにはまったく歯が立たなかった」と敗戦の弁を語った。

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも「一発のタイムを競った土曜日の予選ではガスリー選手がトップ10に入りましたが、レースではトップ10を守りきれなかっただけでなく、前を走るドライバーたちからも離されてしまいました。ロングランでのペースの遅さが、今日のすべて」と首を傾げた。

 なぜ、トロロッソ・ホンダは日曜日になって突然ペースが遅くなったのか。その原因のひとつがタイヤのマネージメントだった。
「いろんな要素があると思いますが、タイヤがブリスターを発生させていたことは事実です。天気が良くなり、路面温度も高くなると予想していましたが、結果的にバイブレーションが起きるくらいひどいブリスターを発生させてしまった。どのようにマネージメントすれば良かったのか、考える必要があります」

■タイヤのマネージメントに苦しんだピエール・ガスリーがその理由を語る


本日のレースクイーン

ドリフトエンジェルス
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング