F1ニュース

2018.11.17

ハースにテストドライバーとして加入するフィッティパルディ、2019年は「F1が最優先」。全戦に帯同しリザーブも務める


F1 | ハースにテストドライバーとして加入するフィッティパルディ、2019年は「F1が最優先」。全戦に帯同しリザーブも務める

 ハースF1チームは、新たに契約したテストドライバーのピエトロ・フィッティパルディが、2019年の事実上のリザーブドライバーであることを発表した。

 マイアミ生まれのブラジル人である22歳のフィッティパルディは来季の全レースに帯同し、ロマン・グロージャンかケビン・マグヌッセンがレースに出場できない場合に備えて待機することになる。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは、フィッティパルディが2019年にすべてのレースに帯同するだけでなく、ハースのシミュレーター作業とピレリのタイヤテストも担当することになると述べた。

「我々はピエトロを雇った。そのことがシーズンを通してマシン開発の役に立つだろう」とシュタイナーはブラジルのGloboに語った。

 チームは週末にフィッティパルディの起用を発表している。彼は今季序盤からハース加入についての話し合いをしていたが、その後FIA WEC世界耐久選手権のスパ・フランコルシャン6時間レース前のプラクティスで、足に重大な怪我を負ってしまった。

「我々は彼と連絡を取り合い、回復状況について見守っていた。彼はチームにおいて非常に重要な役割を担うことになる」とシュタイナーは語り、フィッティパルディが“ペイドライバー”であるとの噂を断固として否定した。

 リハビリを終えるほかに、フィッティパルディは今年ベライゾン・インディカー・シリーズの6戦に出走し、うち5戦はスパでの事故後に参戦している。しかし彼は、ハースでの新たな役割は、彼の最優先事項がF1参戦であることを意味していると語る。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング