レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2018.11.20 07:30
更新日: 2018.11.20 11:55

F1で5度目のタイトルを獲得したハミルトン、2019年はフェルスタッペンとルクレールが脅威になると予想

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | F1で5度目のタイトルを獲得したハミルトン、2019年はフェルスタッペンとルクレールが脅威になると予想

 ルイス・ハミルトンは現在絶頂期にあるが、2019年は勝利に飢えた若手らがメルセデスF1のスターである彼の背後に控えているため、彼らをかわすためにさらなる取り組みが必要になると考えている。

 5度目のタイトル獲得をかけて2018年シーズンを戦ったハミルトンの最大のライバルは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルであった。

 ベッテルは来季もあなどれない強敵となるだろうが、ハミルトンはマックス・フェルスタッペンやシャルル・ルクレールとも、速さを備えた凄まじいライバルとして渡り合うことになるだろうと指摘している。

 ハミルトンはシーズン終了後すぐさま、自身の1年を振り返り、クルーと共に改善できる領域を探ることになる。備えあれば憂いなしということだ。

「年の終わりには必ずシーズンを振り返る。見ておくべき領域というものが常にあるんだ。すべてのレースで勝てたわけではないし、シーズン序盤には災難に見舞われたこともあった。改善の余地はいつだってあるよ」とハミルトンは説明する。

「だから僕はそうするし、それこそが自分自身に期待していることだ。この冬の間にもやるべき仕事があり、アプローチの仕方も少し変わるだろう。若手が追い上げてきているから、当然のことながら深く掘り下げなければならない」

「フェラーリ入りするルクレールは自分の力を証明することに飢えているだろうし、マックスもそうだ。だから僕は、自分がまだそこ(頂点)にいられるということを、確実にしておかなければならないんだ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

HOPPY team TSUCHIYAアンバサダー
岡島彩花(おかじまあやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング