F1ニュース

2018.11.27

元F1王者ロズベルグ、タイトルを逃したフェラーリを分析。「詰めが甘く、まとまりに欠ける」


F1 | 元F1王者ロズベルグ、タイトルを逃したフェラーリを分析。「詰めが甘く、まとまりに欠ける」

 元F1ドライバーのニコ・ロズベルグは、今シーズンのフェラーリはチームのまとまりのなさに苦しめられたと考えているが、2019年にはセバスチャン・ベッテルとチームは立ち直るだろうと述べている。

 2018年シーズンのベッテルは、好調な時期にはルイス・ハミルトンと接戦を演じていた。しかしメルセデスが優位になっていく一方でフェラーリとベッテルは度々ミスを犯し、最終的に彼はタイトル獲得の希望を失うことになった。

 しかしながら、フェラーリがその強さを来シーズンまで維持し、ロズベルグが言うところの“詰めの甘さ”という弱点を克服するならば、チームはタイトルをマラネロに持ち帰ることができるだろうと、2016年のチャンピオンであるロズベルグは考えている。

「基本的には、フェラーリは2019年も継続していく必要があるだけだ」とロズベルグはBild am Sonntag紙に語った。

「彼らは素晴らしいマシンを作ることができていた。その点からも、僕は彼らがとても強力になって、冬季休暇から戻ってくると信じている」

 しかしフェラーリにとって非効率性と欠点を解決することは必須となる。

「フェラーリはあまりに多くの戦略ミスをした。それにチームのまとまりもなかった」とロズベルグは付け加え、フェラーリがベッテルの走行を支援するのにチームオーダーを出したがらなかったことに言及した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

F1 Photo Ranking

フォトランキング