F1 ニュース

投稿日: 2018.11.28 09:39
更新日: 2018.12.23 17:47

小林可夢偉&アロンソが“強豪”WTRからデイトナ24時間参戦へ。チームが正式発表


F1 | 小林可夢偉&アロンソが“強豪”WTRからデイトナ24時間参戦へ。チームが正式発表

 北米スポーツカーシリーズの最高峰、IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)の強豪チームのひとつであるウェイン・テイラー・レーシングは11月28日、事前報道のとおり、フェルナンド・アロンソと小林可夢偉をチームに招き入れ、2019年1月25~27日に開催されるデイトナ24時間に参戦すると発表した。

 LMP2マシンをベースに、自動車メーカーがオリジナルのカウルデザインとエンジンを組み込むことで独自性を生み出したDPi(デイトナプロト・インターナショナル)カーによって総合優勝が争われる2019年のWSCC。
 
 そのDPiの中でも2017、2018年と連覇を果たしている『キャデラックDPi-V.R』を走らせ、17年にデイトナ24時間を含む開幕4連勝を挙げてシリーズチャンピオンを獲得したのがウェイン・テイラー率いるWTRだ。
 
 今回、デイトナ24時間でアロンソと可夢偉の起用を正式発表したWTRは、ランガー・バン・デル・ザンデとテイラーの実子であるジョーダンをシーズンを通して戦うレギュラードライバーに起用。元F1ドライバーで、2018年からはTOYOTA GAZOO Racingのチームメイトとしてル・マン24時間を含むWEC世界耐久選手権に参戦している2名は長距離レースにおける“助っ人”としてチームに加わることとなる。
 
 アロンソのデイトナ24時間参戦は今季の初挑戦に続いて2度目。2018年はマクラーレンのザック・ブラウンが共同オーナーを務めるユナイテッド・オートスポーツから参戦するも、ブレーキトラブルなどのメカニカルトラブルによってプロトタイプクラス13位、総合38位でレースを終えることとなった。
 
 一方、フェラーリ・セミワークスのAFコルセ時代を含めWEC参戦4シーズン目を迎えている可夢偉にとっては、北米スポーツカーレース出場は今回が初めての経験となる。

WTRからデイトナ24時間に参戦することが決定した小林可夢偉
WTRからデイトナ24時間に参戦することが決定した小林可夢偉

「まずは10号車キャデラックを走らせる我々を、ふたたびサポートしてくれることとなったコニカミノルタに感謝しなければならない」と語るのはチームを率いるウェイン・テイラー。

「フェルナンド(・アロンソ)と(小林)可夢偉が、デイトナでジョーダン(・テイラー)とランガー(・バン・デル・ザンデ)のチームメイトとして追加され、とても興奮しているよ」

「フェルナンドと可夢偉、ふたりはF1だけでなく、現在(WECでその実力を発揮しているように)スポーツカーのドライバーとして世界トップクラスのレベルの持ち主だ。そのため今回の契約をまとめるには多くの時間を要した。しかし、それをすべて終えた今、実現に向けて協力してくれたみなさんに感謝したいと思っている」

「フェルナンドは昨年、実際にデイトナをドライブしており心配していない。また、可夢偉もスーパースタードライバーのひとりであり、すぐにデイトナを理解できるだろう」

「我々は、今回追加されたふたりのドライバーを効率的かつ、チームを成功に導くためのプログラムの計画を立てている。私はまず、その第一歩を無事に実現させることができたことを心から喜び、ふたたびデイトナに行くのが待ちきれないんだ」

 デイトナ24時間は2019年1月25~27日、アメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイでレースウイークを迎えるが、年明け直後の4~6日には事前の公式テスト『ロア・ビフォア・ロレックス24』が同地で行われる予定だ。

2017年王者のWTRはリッキー・テイラー、ジョーダン・テイラー、ジェフ・ゴードン、マックス・アンゲレッリという布陣でこの年のデイトナ24時間を制した
2017年王者のWTRはリッキー・テイラー、ジョーダン・テイラー、ジェフ・ゴードン、マックス・アンゲレッリという布陣でこの年のデイトナ24時間を制した


本日のレースクイーン

TOYO TIRES
水口みか(みずぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング