F1 ニュース

投稿日: 2018.12.13 07:35
更新日: 2018.12.12 17:21

マクラーレンCEO「レッドブルとルノーの契約終了は我々にとってプラスに働く」


F1 | マクラーレンCEO「レッドブルとルノーの契約終了は我々にとってプラスに働く」

 マクラーレンのCEOザック・ブラウンは、ルノーが2019年に2チームにしかF1パワーユニット(PU/エンジン)を供給しないことは、マクラーレンにとってプラスに働くと考えている。

 レッドブル・レーシングがホンダにスイッチすることで、ルノーのパワーユニット供給先は、ルノーワークスチームとマクラーレンの2チームに減る。

 マクラーレンは、2017年末でホンダと袂を分かち、2018年シーズンからルノーを搭載し始めた。ブラウンは、今シーズンのパワーユニットには満足しており、2019年に向けて大きな期待を感じていると述べた。

「ルノーには非常に満足している。彼らとの関係もとてもいい」とブラウン。
「来年のパワーユニットについての報告を受け取ったが、非常に心強いものだった」

「信頼性の高いエンジンを供給してもらい、とてもうまくいった。自分たちの決断にもルノーにも満足している」

「来年は(ルノーのパワーユニットを搭載するのが)2チームになる。それは我々にとってプラスに働くだろう。彼らは自分たちと我々の2チームに集中して作業にあたるからだ。彼らとの長期的な将来は素晴らしいものになると期待している」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

PUMA
一瀬優美(いちのせゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング