F1 ニュース

投稿日: 2018.12.23 09:00
更新日: 2018.12.23 00:39

ロス・ブラウン、「成熟したがスピードは失われていない」とF1でのフェルスタッペンの成長を評価


F1 | ロス・ブラウン、「成熟したがスピードは失われていない」とF1でのフェルスタッペンの成長を評価

 成熟したマックス・フェルスタッペンはコース上での大胆さを和らげつつあるものの、スピードと攻撃性は失ってはいないと、F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターであるロス・ブラウンは考えている。

 度重なるインシデントとミスにより、2018年シーズンのフェルスタッペンは難しいスタートを切った。アプローチを一新し、より自制心を持ち、リスクを抑えることを迫られたのだ。

 フェルスタッペンはオーストリアGPとメキシコGPで優勝し、ドライバーズ選手権ではダニエル・リカルドを抜き、安定とより一層の一貫性のある結果がもたらされた。

 2019年はリカルドがチームを離脱し、新ドライバーのピエール・ガスリーが加入する。21歳のフェルスタッペンは2019年に事実上のチームリーダーとなり、その役割によってさらに活躍するだろうとブラウンは語っている。

「彼がいかに若いかを、つい忘れてしまうこともある」とブラウンは語った。

「自分があの年齢だったときに、人前に出てプレッシャーにさらされることを考えたら、彼がやっていることは非常に特別なことだ」

「我々はマックスがスピードと攻撃性を損なうことなく、アプローチを素晴らしいかたちで成熟させていくのを目にしてきた。物事に挑戦する際に、態度を多少和らげているのだ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています