F1 ニュース

投稿日: 2018.12.28 14:45

「ルノーF1は妥当なコストで優勝できる立場にいなければならない」とアビテブール


F1 | 「ルノーF1は妥当なコストで優勝できる立場にいなければならない」とアビテブール

 ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、F1における現状の支出レベルは持続不可能だとし、ルノーがF1に専念し続けるために将来の支出は削減されなければならないと主張している。

 F1の商業権保有者であるリバティ・メディアは、現在もバジェットキャップ制度とより公平な各チームへの分配金配当システムを考案中であり、2021年には新たな協定が技術レギュレーションの刷新とともに導入される予定だ。

 グランプリレースにおける難攻不落のトップ3チームであるメルセデス、フェラーリ、レッドブルは、何年にもわたりライバルよりも多額の資金を投入し、F1における支配的立場を強化してきている。

 したがって現在のコンコルド協定に代わることになる将来の商業パッケージでは、コストを制限することで、F1により公平な状況を実現するといった考えが中核となっている。

「状況を嘆くようなことはしたくない。なぜならF1に参入した際に、この状況については把握していたからだ」とアビテブールはRacerに語った。

「特に注目すべき点は激しい競争と、勝つための絶え間のない支出だ。私はこれについては十分に尊重するし、今年はそのおかげで素晴らしいレースシーズンとなった。だからどこかの時点で我々は、どのようにして競うかを考える必要がある」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
五十嵐希(いがらしのぞみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング