F1 ニュース

投稿日: 2019.01.07 14:25
更新日: 2019.01.07 14:26

F1技術解説 フェラーリPU開発の軌跡(3):独自のダブルバッテリーシステムを採用。信頼性はメルセデスと互角


F1 | F1技術解説 フェラーリPU開発の軌跡(3):独自のダブルバッテリーシステムを採用。信頼性はメルセデスと互角

 F1の開発はとどまるところをしらず、毎グランプリ、新しいパーツが導入されている。F1iのテクニカルエキスパート、ニコラス・カーペンティアーズが2018年に躍進したフェラーリのパワーユニットについて年代ごとに解説する。

———————

■フェラーリ独自の「ダブルバッテリーシステム」

 F1マシンに搭載されたバッテリーには、MGU-H(熱エネルギー回生システム)とMGU-K(運動エネルギー回生システム)の両ユニットが発電した電気が送られ、蓄電される。

現行規約では、1周あたり最大4メガジュールの電気を、バッテリーからMGU-Kに送ることができる(電力に直せば120kWに相当し、約33秒間の使用が可能な計算だ)。一方で1周最大2メガジュールしか、バッテリーは受け取ることができない。そこで重要になるのが、MGU-Hのサポートである。

 MGU-Hには、ふたつの役割がある。回生した電気エネルギーを、バッテリーに貯める(容量は無制限)。そしてバッテリーを介さずに、直接MGU-Kに電気エネルギーを送り込む(こちらも無制限)のふたつだ。

フェラーリとメルセデスの2018年仕様パワーユニットのERS
フェラーリとメルセデスの2018年仕様パワーユニットのERS

 一方でフェラーリのバッテリーは、ライバルたちとは少し異なった働きをしている。内部ををふたつに分け、違う役割を持たせているのだ。詳細は不明ながら、ひとつはMGU-Kに、もうひとつはMGU-Hに繋げているようだ。

 それによって一方が充電している間に、他方は放電することが可能である。つまりMGU-Kに電気を送ると同時に、MGU-Hからの電気を貯めているというわけだ。こうして平行してふたつのバッテリーを作動させることによって、フェラーリは1周4メガジュールの限度を超えたエネルギーを取り出していると言われる。

 ちなみにFIAが全マシンに設置しているセンサーでは、バッテリーがもしふたつに分かれていたとしても、そのうちのひとつしかモニターできない。そこでFIAはフェラーリだけに特別に、補助センサーを取り付けた。その上で最終的に、フェラーリのバッテリーは合法であると判断している。

■信頼性でも長足の進歩をはたした2018年


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ADVICS muta Racing fairies
藤井マリー(ふじいまりー)

F1 Photo Ranking

フォトランキング