F1ニュース

2019.01.10

「F1の“Bチーム”は戦いを放棄しているも同然」とマクラーレン首脳。フェラーリ&ハース等のビジネスモデルは不健全と批判


 マクラーレンのボス、ザック・ブラウンは、ハースとフェラーリの関係に代表されるF1の「Bチーム」ビジネスモデルについて、そうしたコンセプトを採るチームは、選手権コンテンダーとしては「タオルを投げ入れた」も同然との見解を示した。

 アメリカを本拠地とするハースは、2016年のグランプリレーシング参入に先立ってフェラーリと技術提携契約を交わし、「ノンリステッドパーツ」をマラネロから購入している。ノンリステッドパーツとは、エンジン、ギヤボックス、サスペンションエレメントなど、チームが独自に製造することを要求されないコンポーネントだ。

 こうした提携関係は、レギュレーション上は文句なしに合法だが、昨年一部のチームがこれに対して抗議の声を上げた。そのようなアプローチは、ハースのコンストラクターとしての正当性が疑われるばかりでなく、解消が強く求められているF1の「2つの階層」の固定化につながるリスクもあるからだ。

 ブラウンは、ハースの「クレバーな手法」のメリットを認めながらも、F1の首脳とFIAに対し、こうした「Bチーム」モデルの制限を求めている。

■「“Bチーム”を持つビッグチームのメリットは看過できない」とブラウン


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

SUZUKI/2019TAS
羽瀬萌(はせめぐむ)

Photo Ranking

フォトランキング