F1 ニュース

投稿日: 2019.04.03 07:34
更新日: 2019.04.03 07:35

ホンダF1「GPウイークエンドにはできないさまざまなPUセッティングを試し、今後のレースに役立てていく」:バーレーンテスト初日


F1 | ホンダF1「GPウイークエンドにはできないさまざまなPUセッティングを試し、今後のレースに役立てていく」:バーレーンテスト初日

 2019年F1バーレーンテスト初日、ホンダのパワーユニットを搭載するレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンがこの日のトップタイムをマークした。トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは5番手、ピレリのタイヤテストに専念したダニール・クビアトは14番手だった。

 4月2日、バーレーン・インターナショナル・サーキットは雨に見舞われた。タイヤ選択の際に雨を想定していなかったため、どのチームもウエットあるいはインターミディエイトタイヤを指定しておらず、4時間以上の走行時間を失うことになった。

 今回、トロロッソはピレリの2020年向けタイヤテストに協力、1台追加のマシンを走らせているため、ホンダはレッドブルとトロロッソ、合計3台にパワーユニット(PU/エンジン)を提供した。

 レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは62周を走行、1分29秒379(C3タイヤ)で15人中トップとなった。

 トロロッソ・ホンダのテストに専念したアルボンは71周のなかで1分31秒089(C3タイヤ)をマークして5番手。2020年プロトタイプタイヤでピレリの開発作業にあたったクビアトは、45周を走行し、1分33秒653で14番手だった。

2019年F1バーレーンテスト初日 アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1バーレーンテスト初日 アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)

 ホンダF1副テクニカルディレクターを務める本橋正充氏は、テスト初日を次のように振り返った。

「シーズン前にバルセロナで行って以来のF1テストになります。最初の2戦を終え、たくさんのデータを獲得しました。そのなかにはダイナモでの作業からは得られないものもあり、自分たちのPUへの理解を深めることに役立っています」

「今回のテストでは2回のレースウイークエンドで学んだことを確認していきます。それが今後のレースでPUキャリブレーションを最適化するための助けになるでしょう」

「さらに、テストではレースウイークエンドの際よりも幅広いレンジでのPUセッティングを試すこともできるので、それによってPUの挙動をより明確に把握できるでしょう」

「予想外の雨のために走行時間を大幅に失ったことは残念ですが、明日もテストができるので、その一日を有効に使ってたっぷり走行したいと思っています」


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム