F1 ニュース

投稿日: 2019.04.06 08:27
更新日: 2019.04.06 08:36

「ルクレールに起きたトラブルは前例のないもの」とフェラーリが調査結果を発表。パワーユニットは中国GPで再利用可能


F1 | 「ルクレールに起きたトラブルは前例のないもの」とフェラーリが調査結果を発表。パワーユニットは中国GPで再利用可能

 スクーデリア・フェラーリが、2019年F1第2戦バーレーンGP決勝で、トップ走行中にシャルル・ルクレールのマシンに起きたトラブルについての調査結果を明らかにした。

 初優勝確実と思われたルクレールが、レース残り約10周まで来たところでエンジンの不調を訴えた。ルクレールは大幅にペースを落として周回、3番手まで落ち、セーフティカー出動に救われる形で表彰台を手にした。

 レース直後、チーム代表マッティア・ビノットは、シリンダーのトラブルが起きたと説明、ファクトリーで詳しい調査を行うと述べていた。

 フェラーリは5日、調査結果を発表、ルクレールのパワーユニットは再利用可能であり、次の中国で使用することを明らかにした。F1レギュレーションではシーズンで使用できるパワーユニット・コンポーネントの基数が制限されており、これを超えるとグリッド降格ペナルティが科される。

「レース後、スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウの技術者およびエンジニアがインジェクション・システム・コントロールユニット内に短絡が起きていたことを突き止めた。この種の問題がこのコンポーネントに発生したのは初めてだった」とフェラーリ。

「シャルル・ルクレールはバーレーンGPで使ったパワーユニットを中国で使用する」


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GAINERsucre
神崎美羽(かんざきみう)

F1 Photo Ranking

フォトランキング