F1 ニュース

投稿日: 2015.03.14 14:55
更新日: 2016.09.16 15:00

ルイス最速、マクラーレンのギャップは縮まらず


F1 | ルイス最速、マクラーレンのギャップは縮まらず

 2015年F1開幕戦オーストラリアGPは14日、アルバートパーク・サーキットで土曜フリー走行が行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。マクラーレン・ホンダの2台は16、17番手となった。

 グランプリ2日目を迎えたメルボルンは前日に引き続き晴れで、セッション開始時の気温は28度、路面温度は44度を記録した。この日はフリー走行に続いて、17時(日本時間15時)から決勝のグリッドを決める公式予選が行われる。

 現地時間14時ちょうどに60分のセッションがスタート。まずは、マノーの2台をのぞく18台がコースオープンとともにインスタレーションラップに向かうが、ここでダニール・クビアトのレッドブルRB11にさっそくブレーキトラブルが発生、クビアトは最終コーナー手前のターン15でコースオフしてしまう。低速にもかかわらずマシンをコントロールできなかったクビアトはチームに対し、ブレーキングの際に「押される」と伝えている。


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング