F1 ニュース

投稿日: 2019.04.10 11:48
更新日: 2019.04.10 16:39

F1バーレーンGP技術解説(2):ジェームズ・キー加入のマクラーレンがバージボードをアップデート。トロロッソ・ホンダも同様の改善施す


F1 | F1バーレーンGP技術解説(2):ジェームズ・キー加入のマクラーレンがバージボードをアップデート。トロロッソ・ホンダも同様の改善施す

 2019年F1第2戦バーレーンGPでは、各チームが早くもアップデートを持ち込んだ。技術解説第2回目の今回は、フェラーリ製パワーユニットのトラブルの原因、マクラーレンやトロロッソ・ホンダの空力アップデートを紹介していく。

──────────

(4)フェラーリのエンジントラブル
 バーレーンGPではフェラーリ製パワーユニットのトラブルによって、シャルル・ルクレールの初優勝はお預けとなってしまった。レース中の無線交信を聴く限りは、原因はMGU-Hと思われた。ところがその後マッティア・ビノット代表は、「終盤46周目に、1気筒の燃焼に問題が生じた」とコメント。「しかしなぜそれが起きたのかは、現時点ではわからない」とのことだった。

「この種の不具合が起きた場合、エンジンマッピングに変更を加えたりして、回復を試みる。今回も様々な方法をトライしたが、ダメだった。それで出力を落としたまま、走らざるをえなかった」

「今後マラネロで徹底的に原因分析を行うが、エンジンそのものにダメージはないと思われ、中国GPの初日にそのまま使う予定だ。そのデータを見て、そのまま使い続けるかどうかを決定する」

F1バーレーンGP技術解説(2):トロロッソ・ホンダとジェームズ・キー加入のマクラーレンがバージボードをアップデート
フェラーリ製パワーユニット


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

スズキ
石井沙季(いしいさき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング