F1 ニュース

投稿日: 2016.02.03 15:42
更新日: 2016.03.03 12:15

ルノーにもたらす、エンストンの「特別な何か」


F1 | ルノーにもたらす、エンストンの「特別な何か」

 あたかもカメレオンのように何度も「色」を変えながら生き延びてきたF1チームが、この水曜日ついに苦難の日々から抜け出す。2月3日にパリ郊外で正式な体制発表が行われ、「ロータス」と呼ばれていたチームが「ルノー」になるのだ。

 2002年から2009年までのルノー・ワークスチームが再びその名を取り戻すことは、絶えず変転を続けてきた「チーム・エンストン」にとっては、また新たな一章の始まりにすぎない。トールマンとして誕生したこのチームは、最初にルノーになる前にはベネトンと名乗っていた時代もあった。

 その道程の中で、彼らは数々のスキャンダルや危機、あるいは成績の大きな浮き沈みにも耐えてきたが、おそらく2015年ほど厳しいシーズンはなかっただろう。ルノーによる買収手続きが長引いた結果、サーキット内外で様々な苦労を強いられたのだ。

 旧オーナーのジニー・キャピタルズは昨年半ばの時点で、もはや売却を決めたビジネスに金を出そうとしなくなった。その一方で買い手のルノーも、まだ自分たちのものではなく、しかも破綻寸前まで負債を膨らませたチームへの資金援助にためらいを見せていたのだ。そのため、当初は期待できそうに見えたマシンの開発は実質的に止まってしまい、チームは未払いに対する訴訟をいくつも抱えることになった。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
福江菜々華(ふくえななか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング