F1 ニュース

投稿日: 2019.05.25 23:15
更新日: 2019.05.26 00:04

F1第6戦モナコGP予選:フェルスタッペンが3番手、ホンダPUの4台がQ3進出。メルセデスはフロントロウ確保


F1 | F1第6戦モナコGP予選:フェルスタッペンが3番手、ホンダPUの4台がQ3進出。メルセデスはフロントロウ確保

 2019年F1第6戦モナコGP予選はメルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手。ピエール・ガスリーは5番手に入っている。

 5月25日現地時間午後3時、モナコGPの予選が行なわれた。フリー走行に引き続いて空には雲がかかっているものの太陽の光は強く、気温は21度、路面温度は45度まで上がって暑くなった。

 しかしセッション中の降水確率は40%とやや高めの状況下で予選は始った。FP3でクラッシュを喫してしまったセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)もマシン修復が完了し、予選開始とともにコースインを果たした。

 短いサーキットに20台が混走する予選Q1では各車が多めに燃料を搭載して連続アタック走行を行ない、確実にタイムを記録してQ1敗退のリスクがないよう対策する。各車とも使用するのはもちろんソフトタイヤだ。

 路面はどんどん向上していき、タイムも上がっていく。

 予選前にモナコ国王らの表敬訪問を受けたシャルル・ルクレール(フェラーリ)だったが、ラスカスでタイヤをロックさせてバランスを崩し、あわやバリアに接触という場面もあったがなんとかこれを切り抜けた。

 バルテリ・ボッタス(メルセデス)もフェアモントヘアピンでリヤを流すなど、トリッキーなサーキットであることは間違いない。ルクレールはロックアップの影響でタイヤにフラットスポットを作ってしまいピットイン。その際に車重計測指示を見落としてしまい、メカニックが車検場までマシンを押し戻して事なきを得た。

 ベッテルはQ1でもプールサイドシケイン1つめの出口でガードレールに接触しヒヤリとする場面があった。

 セッション最終盤になってQ1敗退ゾーンにいたのはニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、ベッテル、ランス・ストロール(レーシングポイント)、ウイリアムズ勢。ベッテルはギリギリのタイミングで最後のアタックに入り、1分11秒434のトップタイムを記録してQ1突破。

 しかしこれによって2回目のアタックランに出なかったルクレールが押し出されて16番手でQ1敗退となってしまった。そしてレーシングポイントのセルジオ・ペレスとストロールが17番手・18番手、ウイリアムズのジョージ・ラッセルとロバート・クビサが19番手・20番手という結果になった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング