F1 ニュース

投稿日: 2019.06.01 07:30
更新日: 2019.06.01 05:27

ウイリアムズF1副代表、「改善の兆しがある」と今後のパフォーマンス向上に期待


F1 | ウイリアムズF1副代表、「改善の兆しがある」と今後のパフォーマンス向上に期待

 ウイリアムズF1のドライバーであるジョージ・ラッセルとロバート・クビサは、予選と決勝のいずれにおいても下位に沈んだ状態が続いている。しかしチーム副代表のクレア・ウイリアムズは、チームは再建プログラムを継続しており、FW42のシャシーには間もなく改善が見られるだろうと考えている。

 現在のマシンはあらゆる種類の問題を抱えているため、こうしたアップグレードは必要不可欠だ。

「シーズンのスタートは私たちの予想通りにはいきませんでしたが、これからのことには期待してきました。今では絶対にトンネルの先に光が見えると感じています」とウイリアムズは語った。

「スペインGPのタイムシートでは、私たちが差を縮めていることが見て取れました。変化はゆっくりかもしれませんが、私たちは皆、マシンのパフォーマンスを改善するには時間がかかることを分かっています」

「人目にはまだ触れていないかもしれませんが、ファクトリーでは多くの優れた仕事が確かに行なわれているのです。空力チームはパフォーマンスを上げるべく、風洞で素晴らしい仕事をしています」

「そうした成果をこの先数週間から数カ月でレースに持ち込んで行きます。シーズン中盤に導入されるパッケージによって、大幅にパフォーマンスを向上できることを期待しています」

「改善の兆しが確かにあるのです。チームには現時点で、明らかに肯定的な部分があります。今も士気は非常に高く、私たちは全員に対して諦めず、懸命に戦い、マシンのパフォーマンスを上げ続けることを求めています」


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

TOYO TIRES
水口みか(みずぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング