F1 ニュース

投稿日: 2015.04.20 16:05
更新日: 2016.09.21 16:06

エリクソン「速さはあったがピットの問題で後退」:ザウバー日曜コメント


F1 | エリクソン「速さはあったがピットの問題で後退」:ザウバー日曜コメント

 2015年F1バーレーンGPの日曜決勝で、ザウバーのマーカス・エリクソンは14位、フェリペ・ナッセは12位だった。

■ザウバーF1チーム
マーカス・エリクソン 決勝=14位
 すごくいいスタートを決めて、1周目に13位から9位に上がった。第1スティントと第2スティントのラップタイムはとてもよくて、直接のライバルたちについていくことができた。

 予定どおりに走っていたが、残念なことに2度目のピットストップでミスがあった。左フロントホイールを交換する際にメカニカルトラブルが起きたんだ。もちろんがっかりしているけれど、時にはこういうことが起こるのがレースなのだし、チームは勝つときも負けるときも一心同体だ。

 トラブルによってレースがうまくいかなくなったが、なんとかベストを尽くそうとして、いいペースを発揮して走った。全体的に見てまずまずのパフォーマンスを示すことができたよ。次のバルセロナに向けてそれが何より重要なことだ。

フェリペ・ナッセ 決勝=12位
 1周目は苦労したよ。ターン1に向けて行き場をなくすような形になって、いくつかポジションを落とした。その後はトラフィックにはまり、第1スティントでは本来のペースで走れなかった。また、レースの中で数周にわたってパワーが低下し、それによって後れを取った。

 いい面を挙げると、ミディアムタイヤでのラップタイムにはかなり満足できた。クリーンなレースができていればポイント獲得が可能だったと思う。入賞できなくて残念だ。


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング