レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2015.05.08 16:22
更新日: 2016.09.21 16:25

マクラーレン・ホンダが7番手。初日首位はルイス

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | マクラーレン・ホンダが7番手。初日首位はルイス

 2015年F1第5戦スペインGPのフリー走行2回目は、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

 金曜の午後を迎えたカタルニア・サーキットは朝のFP1から気温が10度近く上がり、路面温度はFP2開始の14時時点で46度まで上昇。セッション開始後には50度を記録する厳しいコンディションとなった。

 コースオープンとともにFP1を走れなかったザウバーのマーカス・エリクソンを筆頭に各車とも早くから連続周回に入り、上位勢ではフェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分29秒台のタイムでひとまずトップに立った。

 しかし開始15分過ぎ、ホームストレートを走っていたロマン・グロージャンのロータスE23からリヤカウルが突然剥がれ飛び、コース上に散乱するという珍しいアクシデントが発生。幸い、誰もロータスの後ろを走っていなかったため大事には至らなかったが、セッションはこの影響で赤旗中断となり、ピットに戻ったグロージャンもその後は修復作業に追われて大幅に走行時間を失うこととなった。

 一方、すぐに再開されたセッションではハミルトンが1分27秒台に入れてトップに浮上するが、しばらくするとフェラーリが早くもミディアムタイヤを投入。すると、ミディアムを履いたベッテルはバイブレーションを訴えながらもハミルトンをコンマ6秒上回って再びトップに立ち、キミ・ライコネンも2番手につけた。


関連のニュース