F1 ニュース

2019.06.10

「彼らにレースを奪われた」。ベッテル、ペナルティで勝利を失い怒り収まらず。フェラーリは控訴の意志を示す


F1 | 「彼らにレースを奪われた」。ベッテル、ペナルティで勝利を失い怒り収まらず。フェラーリは控訴の意志を示す

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1カナダGPでトップでチェッカーフラッグを受けながら、ペナルティにより2位に降格された。納得できないベッテルは、裁定に対する強い憤りを言葉と行動で表した。

 レースをリードするベッテルは、すぐ後ろを走るメルセデスのルイス・ハミルトンからポジションを守りながら走っている際に、ターン3でコースオフ。すぐにコースに復帰したが、その時、すぐ後ろにいたハミルトンをウォールぎりぎりまで押しやる形になった。スチュワードは、ベッテルは「ターン3でコースを離れ、ターン4で安全でない形でコースに復帰し、44号車(ハミルトン)をコース外に押し出した。44号車は接触を避けるためのアクションを取らなければならなかった」と判断、ベッテルに5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科す裁定を下した。

 チームから無線でペナルティを告げられた際にベッテルは「どこにも行き場がなかったんだ!」「彼らにレースを奪われた」「フェアじゃないよ。僕には怒る権利がある。何を言われたってかまわない」と憤りを示した。

「芝生の上に乗っていたんだ。目が見えない人でない限り、芝生の上を通過して、マシンをコントロールできるなんて考えるわけがない」とベッテルはチームに対し、ペナルティへの不満を語り続けた。

「ウォールにヒットしなくてラッキーだった。いったいどこに行けばよかった? こんなの間違っている。フェアじゃない」

■「今日の僕らはウイナーにふさわしい」とベッテル。フェラーリは控訴の意向示すも、裁定撤回は困難か


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1レースクイーン 2019
小林沙弥香(こばやしさやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング