F1 ニュース

投稿日: 2019.06.12 08:00
更新日: 2019.06.12 11:26

クビアト「パワーとストレートスピード不足は結果を左右する」と改善を望むも、ホンダPUの信頼性と安定感を評価


F1 | クビアト「パワーとストレートスピード不足は結果を左右する」と改善を望むも、ホンダPUの信頼性と安定感を評価

 F1第7戦カナダGPで10位に入賞したトロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、ジル・ビルヌーブ・サーキットにおいてホンダのパワーユニットの調子はよかったものの、さらなるパワーとストレートスピードが必要だと語った。

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、カナダGPを10位でフィニッシュした。このコースではホンダのエンジンの具合はどうだったのだろうか?

「エンジンは良かったよ」とクビアトは語った。

「マクラーレン、ルノー、レーシングポイントなどと比較すると、パワーとストレートスピードが少し不足していることは分かっていた。あのようなパワーを将来的には手に入れたいし、スタッフもそのことを認識している。大きく不足しているわけではないが、このようなコースでは結果を左右することになる」

「それでも他のコースでは、ホンダのエンジンはとても調子が良かった。実際のところ、信頼性がとても高いし、速いレースペースを発揮することができる。安定しているし、問題もないから、僕たちはとても満足している」

「スタッフは懸命に仕事をしている。彼らは改善できることを分かっているから、熱心に取り組んでいくだろう」

 またクビアトは、10位という順位についても喜んでいる。

「今日は、マシンから完全に最大限の力を出したと思う。何ひとつ残さずにね」

「僕たちとしては本当に完璧な1日だった。すべてを引き出したし、ひとつ報われたことは、カルロス(サインツJr./マクラーレン)を終盤にオーバーテイクできたことだ」

「僕たちのチーム無線は、完璧に機能していなかった。でも彼がタイヤに手こずっているのが分かったんだ。非常に早い段階でピットインしたのを知っていたから、自分のタイヤの方がおそらく良い状態にあると思った。だからそのアドバンテージを活かしたかったんだ」

 チーム無線の問題とはどのようなものだったのだろうか?

「無線の調子があまり良くなかった。つながったり切れたりしていたと思う。終盤は何かがおかしかった」

■「スチュワードの裁定は、一貫性に欠けている」


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
津田知美(つだともみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング