F1 ニュース

投稿日: 2019.06.23 23:55
更新日: 2019.06.24 04:24

F1第8戦フランスGP決勝:ハミルトンが圧巻の4連勝。孤軍奮闘のフェルスタッペンは4位入賞


F1 | F1第8戦フランスGP決勝:ハミルトンが圧巻の4連勝。孤軍奮闘のフェルスタッペンは4位入賞

 6月23日現地時間午後3時10分、フランスGP決勝が行なわれ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが優勝を飾った。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4位入賞。11位でフィニッシュしたピエール・ガスリーは、ダニエル・リカルド(ルノー)のペナルティにより繰り上がり10位入賞を果たした。

 この日も朝から晴れわたって暑くなり、気温は26度、路面温度は54度まで上がった。

 パワーユニット交換によりダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)は19番グリッド、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)は20番グリッドに降格となっている。

 上位勢はミディアムタイヤが中心で、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)とガスリーがソフトタイヤ。Q1・Q2敗退組の中ではアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ロバート・クビサ(ウイリアムズ)、ラッセルがミディアムタイヤで残りはハードタイヤと各チーム内でも二分した。

 スタートは各車がスムーズに切ってハミルトンが首位を守りバルテリ・ボッタス(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がこれに続く。

 フェルスタッペンはやや加速が鈍くマクラーレン勢に襲いかかられターン1手前ではカルロス・サインツJr.(マクラーレン)にアウトから抜かれるが、ターン1〜2でなんとかこれを抜き返して逆にルクレールに並びかけるも4番手に留まった。

 サインツはバックストレートでもフェルスタッペンに襲いかかるが、フェルスタッペンは巧みなブロックラインでこれを抑え切った。6番手にランド・ノリス(マクラーレン)、7番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、8番手ガスリー、9番手ジョビナッツィ、10番手ダニエル・リカルド(ルノー)という順でコース上ではトレイン状態で各車がズラリと続く。ベッテルは5周目にノリスを抜いて6番手に浮上した。

2019年F1第8戦フランスGP決勝 セバスチャン・ベッテルがランド・ノリスをオーバーテイク
2019年F1第8戦フランスGP決勝 セバスチャン・ベッテルがランド・ノリスをオーバーテイク

 7周目にジョビナッツィがピットインしてハードタイヤに交換し最後尾のウイリアムズ勢の後方に戻る。一方、ガスリーはステイアウトしてソフトタイヤで走り続ける。


本日のレースクイーン

Arnage Lovely Cats
村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング