F1 ニュース

投稿日: 2019.07.03 14:49

F1イギリスGPのタイヤ選択が明らかに。各チームにばらつき、レッドブル・ホンダはフェラーリと同じ選択


F1 | F1イギリスGPのタイヤ選択が明らかに。各チームにばらつき、レッドブル・ホンダはフェラーリと同じ選択

 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2019年第10戦イギリスGPに向けて各ドライバーが選択したタイヤコンパウンドの内訳を発表した。

 シルバーストン・サーキットで開催されるイギリスGPに持ち込まれるタイヤは、最も硬いハードタイヤ(ホワイト)がC1、中間のミディアムタイヤ(イエロー)がC2、最も柔らかいソフトタイヤ(レッド)がC3となっている。

 トップチームでは、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスがソフトタイヤを8セット、ミディアムタイヤを4セット、ハードタイヤを1セット選択している。

 一方フェラーリとレッドブル・ホンダは、ソフトタイヤを9セット、ミディアムタイヤを3セット、ハードタイヤが1セットと、ソフトタイヤとミディアムタイヤの選択が異なっている。

 中団勢では、トロロッソ・ホンダ、ハース、アルファロメオがフェラーリやレッドブル・ホンダと同様の選択を行っている。

 またルノーはソフトタイヤを最多となる10セット選択しており、一方でウイリアムズの選択したソフトタイヤは最少の7セットだ。ミディアムタイヤに関してはダニエル・リカルド(ルノー)が最少の1セット、ジョージ・ラッセルが最多の5セットとばらつきがあるものの、ハードタイヤは各チームとも1セットか2セットとなっている。

2019年F1第10戦イギリスGP 全ドライバーのタイヤ選択
2019年F1第10戦イギリスGP 全ドライバーのタイヤ選択


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Manepa JLOC Belladonna
小川舞(おがわまい)

F1 Photo Ranking

フォトランキング