F1 ニュース

投稿日: 2019.07.11 07:21
更新日: 2019.07.11 07:33

シルバーストンでのF1イギリスGP、開催継続が確定。2024年までの新契約を締結


F1 | シルバーストンでのF1イギリスGP、開催継続が確定。2024年までの新契約を締結

 F1は2020年以降のシルバーストンでのイギリスGP開催契約を新たに結んだことを発表した。9日、ロンドンにて、F1、ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズクラブ、シルバーストンが、5年契約にサインしたということだ。

 高額な開催料金に不満を持つサーキット側は、2017年に契約破棄条項を発動、2020年以降の契約を解除した。その後、新たな条件で契約を結ぶべく交渉が行われたが、なかなか合意に達しなかったため、1950年にF1世界選手権第1回大会が行われた地であるシルバーストンでのグランプリは、今季が最後になる可能性が懸念されていた。

 しかし2019年イギリスGPを前にした水曜、2024年までの新たな5年契約が結ばれたことが発表された。

 F1の会長兼CEOであるチェイス・キャリーは「長期的な将来を確立するためには、我々のスポーツは歴史的な開催地を失うべきではないと考えてきた。シルバーストンと英国は、1950年に始まったこのスポーツの発祥の地である」と語った。

「現在F1はグローバルなスポーツになり、5つの大陸で開催され、5億人以上の視聴者がいる。我々は、愛するこのスポーツを新たな国で開催することで、その数を増やすことを目指しているが、同時にルーツを大事にしたいと考えている。シルバーストンとイギリスグランプリは、そのビジョンにおいて不可欠な要素である」

 Sky Sportsによると、新契約締結が遅れた原因のひとつは、F1オーナーがロンドンでのグランプリ開催を検討していることだったという。

 今回結ばれた契約のなかには、イギリスで2回のグランプリが開催されることになっても、シルバーストンの利益を保護する取り決めがなされているということだ。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
松田麻緒(まつだまお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング