F1 ニュース

投稿日: 2019.07.21 07:00
更新日: 2019.07.20 13:37

2020年にF1オランダGP開催のザントフールト、改修後もグラベルトラップは維持


F1 | 2020年にF1オランダGP開催のザントフールト、改修後もグラベルトラップは維持

 ザントフールトは2020年のF1復帰を前に改修を行なうが、ランオフエリアのグラベルトラップはそのまま残すことになるという。

 オランダの歴史的なF1会場であるザントフールトは、すでに2020年のオランダGPに向けた準備を進めており、グランプリレースの要件を満たすべくレイアウトの調整をいくつか実施する計画だ。

 しかしコースの改修は高名な建築家であるヘルマン・ティルケではなく、イタリア企業のドローモ・サーキット・デザインに委託されるという。

「我々の仕事は、F1に要求される基準に合わせてサーキットを改修することだ」とドローモ社の代表を務めるヤルノ・ザフェリは語った。

「ザントフールト、FIA、FOM、そしてドライバーとともに、コースをどのようにして最高の状態に整えられるかを検討するプロセスに専念している」

「改修については目に見える部分とそうではない部分がある。詳細を詰めることがすべてだ。一番の目標は、このサーキットを一流のサーキットとして維持することだ。私はザントフールトの構成や伝統を破壊するつもりはまったくない」

 ザントフールトが維持するもののひとつに、より影響の少ないアスファルトのランオフエリアの設置よりも好まれている、グラベルトラックがある。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
南まりあ(みなみまりあ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング