F1 ニュース

投稿日: 2019.08.03 20:12
更新日: 2019.08.03 20:22

トップはハミルトン。僅差でフェルスタッペンが続く【タイム結果】F1第12戦ハンガリーGPフリー走行3回目


F1 | トップはハミルトン。僅差でフェルスタッペンが続く【タイム結果】F1第12戦ハンガリーGPフリー走行3回目

 2019年F1第12戦ハンガリーGP土曜フリー走行3回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、ピエール・ガスリーは6番手を記録した。

 土曜日の現地時間12時に行われたFP3は、気温25℃、路面温度43℃、ドライコンディションでのセッションとなった。

 サポートレースのFIA-F2のレース1の終盤にエンジンブローしたマシンが大量に撒いたオイルを処理するため、10分ディレイとなったFP3、土曜日は雨の予報だったが、19時10分の段階では曇りの状態で雨は降っていない。

 10分遅れでセッションはスタートしたものの、コース上ではオイル処理をした箇所の石灰が非常に滑りやすいとドライバーたちが不満を漏らす。

 各車タイムをマークしていくなか、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがソフトタイヤで1分17秒435でトップタイム。2番手にはシャルル・ルクレールが0.79秒差で続く。3番手にはソフトのアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)、ガスリーはミディアムタイヤで4番手タイム。

 25分経過時点でメルセデス勢がソフトでアタックを開始。ハミルトンが3番手に浮上し、バルテリ・ボッタスは姿勢を乱しながらも4番手に入った。走行を開始したフェルスタッペンも3周目で5番手に浮上。

 残り20分を切ったところでタイヤを履き替えた15台のマシンがコースインし渋滞気味に。トップはハミルトンの1分16秒339、2番手ルクレール、3番手フェルスタッペン、4番手ボッタス、5番手ベッテル。ガスリーは石灰に足を取られ姿勢を乱してしまいアタックを一度断念し、その後の走行で6番手に入っている。

 残り7分を切ったところで、ピットに入っていた上位勢が再びコースイン。新品ソフトのフェルスタッペンが1分16秒097でトップに浮上、2番手ベッテル。しかし、ハミルトンがチェッカー間際にタイムを更新し1分16秒084でトップタイム。フェルスタッペンとは0.013秒の僅差だ。

 その後、上位勢のタイムは変わらずトップはハミルトン、2番手フェルスタッペン、3番手ベッテル、4番手ボッタス、5番手ルクレール、6番手ガスリーと予選の接戦が予想されるFP3となった。

 トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは12番手でまずまずの位置。アルボンは17番手に終わった。

■F1第12戦ハンガリーGPフリー走行3回目 リザルト

PosNo.DriverTeamTimeLaps
144L.ハミルトンメルセデス1’16.08421
233M.フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’16.09716
35S.ベッテルフェラーリ1’16.16618
477V.ボッタスメルセデス1’16.35519
516C.ルクレールフェラーリ1’16.39218
610P.ガスリーレッドブル・ホンダ1’16.68419
74L.ノリスマクラーレン1’16.77420
87K.ライコネンアルファロメオ1’17.21622
955C.サインツJr.マクラーレン1’17.21723
1020K.マグヌッセンハース1’17.23017
118R.グロージャンハース1’17.29321
1226D.クビアトトロロッソ・ホンダ1’17.43221
1327N.ヒュルケンベルグルノー1’17.66719
1411S.ペレスレーシングポイント1’17.67017
1599A.ジョビナッツィアルファロメオ1’17.92922
163D.リカルドルノー1’17.96219
1723A.アルボントロロッソ・ホンダ1’18.02419
1863G.ラッセルウイリアムズ1’18.07223
1918L.ストロールレーシングポイント1’18.53420
2088R.クビサウイリアムズ1’18.70926

 


本日のレースクイーン

TOYO TIRES
水口みか(みずぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング