F1 ニュース

投稿日: 2016.09.30 12:49
更新日: 2016.09.30 13:37

F1マレーシアGP最初のセッションはロズベルグが首位。アロンソは5番手発進


F1 | F1マレーシアGP最初のセッションはロズベルグが首位。アロンソは5番手発進

 2016年F1第16戦マレーシアGPのフリー走行1回目が9月30日(金)、現地時間10時から行われた。トップタイムはメルセデスのニコ・ロズベルグがマーク。

 気温29度、路面温度38度で開始されたマレーシアGP最初のセッション。各車インストレーションラップを行うなか、セッション開始から約7分を経過したところで、ピットに戻ってきたルノーのケビン・マグヌッセンのマシンから燃料が漏れ、激しく出火してしまう。マグヌッセンはすぐにコクピットから脱出し無事であったが、ルノーのピット前で燃え続けるマシンの火はなかなか鎮火せず、赤旗が導入された。

 消火剤にまみれたマグヌッセンのマシンは出火によるダメージが激しく、このセッションの走行を断念。

炎が上がったマグヌッセンのマシン
炎が上がったマグヌッセンのマシン
 午後のFP2への出走も微妙な状況となってしまった。セッションは現地時間10時26分に再開され、各チーム赤旗により失った走行時間を取り戻そうと積極的に走行を重ねる。

 大幅な改修が行われたトラックに各ドライバーがコースオフする場面も多く見られたが、タイムシート上はメルセデス、フェラーリ、レッドブルがトップ6を形成しセッションは進んでいく。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
亀澤杏奈(かめざわあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング