F1 ニュース

投稿日: 2019.09.02 00:02
更新日: 2019.09.02 04:36

ルクレール、ユベールに捧げるF1初勝利、ホンダPU勢は3台入賞の大健闘/F1第13戦ベルギーGP決勝


F1 | ルクレール、ユベールに捧げるF1初勝利、ホンダPU勢は3台入賞の大健闘/F1第13戦ベルギーGP決勝

 9月1日現地時間午後3時10分、2019年F1第13戦ベルギーGP決勝が行なわれ、フェラーリのシャルル・ルクレールがF1初優勝を飾った。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはリタイア、アレクサンダー・アルボンは5位入賞を果たしている。

 前日のFIA-F2レースで亡くなったアントワーヌ・ユベールに1分間の黙祷を捧げた後、ドライバーたちはコクピットへ。早朝に降って一度は止んだ雨が、決勝の2時間ほど前に再び降り出して路面はウエットに。気温は15度と金曜土曜よりも10度以上低く、路面温度も22度しかない。

 金曜から多くのドライバーが年間3基の規定を超えるパワーユニット(PU/エンジン)のコンポーネントを投入してグリッド降格ペナルティを科され、予選後には暫定13番グリッドだったアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)も4基目を投入し最後尾スタートのペナルティに。合わせてギヤボックスも新品に換えた。

 カルロス・サインツJr.(マクラーレン)はMGU-K(運動エネルギー回生システム)とES(エネルギー・ストア)を交換して10グリッド降格。

 そのためグリッドはダニエル・リカルド(ルノー)10番手、チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグ12番手、サインツ15番手、ランス・ストロール(レーシングポイント)16番手、アルボン17番手、ジョビナッツィ18番手、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)19番手。

 予選ノータイムで特例出場許可のロバート・クビサ(ウイリアムズ)はICE(内燃機関)、TC(ターボチャージャー)、MGU-H(熱エネルギー回生システム)を交換したうえリヤウイングを別仕様に変えてピットスタートとなった。

 各車ともソフトタイヤをスタートに選び、クビサを含めた後方4台とジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)だけがミディアムタイヤを選んだ。

 スタートでポールポジションのルクレールがホールショットを奪い2番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、3番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)が順にターン1に飛び込んで行くが、フェルスタッペンは発進加速が鈍くキミ・ライコネン(アルファロメオ)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)が先行。

2019年F1第13戦ベルギーGP決勝 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はリタイアを喫してしまった
2019年F1第13戦ベルギーGP決勝 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はリタイアを喫してしまった

 しかし、ブレーキングを遅らせてインに飛び込んだフェルスタッペンは行き場を失ってライコネンと接触しライコネンのマシンがジャンプ。フェルスタッペンは左フロントサスペンションが壊れており、オールージュを曲がりきれずタイヤバリアに突っ込んであっけなくリタイアとなった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング