F1 ニュース

投稿日: 2019.09.07 08:59

レッドブル・ホンダ密着:ロングランはトップ2チームに匹敵。虎視眈々と追い上げを狙うフェルスタッペン/F1イタリアGP金曜


F1 | レッドブル・ホンダ密着:ロングランはトップ2チームに匹敵。虎視眈々と追い上げを狙うフェルスタッペン/F1イタリアGP金曜

 レッドブル・ホンダが、F1第13戦ベルギーGPでのアレクサンダー・アルボンに続いて、第14戦イタリアGPではチームメイトのマックス・フェルスタッペンに、最新スペックとなる『スペック4』を投入してきた。

 これにより、今回のレースではフェルスタッペンが後方からのスタートを余儀なくされる。そのため、フェルスタッペンのこの日のフリー走行では予選に向けたセットアップを行うことが目的ではなく、日曜日のロングランに集中したプログラムが組まれていた。つまり、この日、フェルスタッペンは真剣に予選に向けたアタックをする必要がなかった。それでも、結果的にベストタイムでは全体で5番手につけたのである。

「後方からのスタートになるから、土曜日の予選では真剣には戦わない。だから、今日はロングランでのパフォーマンスを確認していた。今日はウエットからドライまで、いろいろとコンディションが変化したけど、どの状況でもすごく走りやすかった」(フェルスタッペン)

 この言葉は決して、負け惜しみではない。それはイタリアGP初日にトップタイムをマークしたフェラーリのシャルル・ルクレールのソフトタイヤでのロングランと比較するとわかる。

■フェルスタッペン(5周走行したソフトタイヤでの7周連続計測ラン)
1周目 1分24秒846
2周目 1分24秒950
3周目 1分25秒050
4周目 1分25秒666
5周目 1分26秒285
6周目 1分25秒067
7周目 1分25秒068
8周目 インラップ

■ルクレール(7周走行したソフトタイヤでの7周連続計測ラン)
1周目 1分25秒997
2周目 1分25秒241
3周目 1分24秒860
4周目 1分24秒960
5周目 1分24秒246
6周目 1分25秒618
7周目 1分25秒413
8周目 インラップ

 これを見ればわかるように、3~5周目の3周はルクレールのほうがフェルスタッペンよりも速いが、1~2周目と6~7周目の4周ではフェルスタッペンのほうがルクレールよりも速いタイムを刻んでいる。

■ミディアムタイヤのルイス・ハミルトンとの比較


本日のレースクイーン

D’STATIONフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング