F1 ニュース

投稿日: 2019.09.07 23:42
更新日: 2019.09.08 00:31

F1第14戦イタリアGP予選:Q3の大渋滞で7台のマシンがアタック不発の珍事。ルクレールが2戦連続でポールポジション獲得


F1 | F1第14戦イタリアGP予選:Q3の大渋滞で7台のマシンがアタック不発の珍事。ルクレールが2戦連続でポールポジション獲得

 9月7日現地時間午後3時、F1第14戦イタリアGP予選が行なわれ、フェラーリのシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得した。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはQ1走行中にトラブルが発生しタイム計測できず、アレクサンダー・アルボンは8番手に入っている。金曜は雨まじりとなったがこの日は朝から晴天に恵まれてドライコンディションでの予選となった。気温は21度、路面温度は33度というコンディション。

 フェルスタッペン、ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)、ランド・ノリス(マクラーレン)はパワーユニット(PU/エンジン)投入により最後尾スタートのペナルティが決まっているためQ2以降の本格的な走行は行なわない予定となっている。

 ここ数戦の予選アタック直前の渋滞がイタリアGP金曜のFIA F3予選でも見られ混乱を招いたことから、レースディレクターはセッション後やレコノサンスラップに対して義務づけられる「両SCライン間を1分45秒000以内で走らなければならない」というルールを予選全体に義務づけることとした。

 そしてF3のレースで大事故の原因となったパラボリカのはみ出し防止のためのソーセージ縁石は取り除き、4輪が完全に白線からはみ出た場合はその周と次の周も含めてラップタイムを削除するというルールを引き続き適用することとした。

 Q1はフェラーリ勢がミディアムタイヤを履いた以外は残りの全チームがソフトタイヤでアタックを開始し、チームメイト同士でトウを使い合おうと編隊走行をする場面も各所で見られた。

 ミディアムにもかかわらずルクレールは1分20秒126でトップに立ち、2番手には0,029秒差でルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。メルセデスAMG勢は0.030秒差と0.146秒差で3番手・4番手につけて5番手ダニエル・リカルド(ルノー)を挟んでセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は0.252秒差の6番手に留まる。アルボンはベストタイムがパラボリカのトラックリミット違反で削除されたものの7番手に留まった。

2019年F1第14戦イタリアGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)は予選Q1中にストップ
2019年F1第14戦イタリアGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)は予選Q1中にストップ

 フェルスタッペンは12分待ってからコースインするが、ほぼ同時にセルジオ・ペレス(レーシングポイント)がパワーユニットの不調と思われる症状でクルバグランデにマシンを止め、セッションは赤旗中断となってしまった。

 3時17分にセッションは再開。フェルスタッペンは先頭でアタックに入っていくが「タイヤが熱すぎる!」と訴えながらアタックに入った直後にターン2立ち上がりで「ノーパワー」と訴えてバックオフしアタックを断念。ノータイムのまま最下位で予選を終えた。

 これでフェルスタッペン、ウイリアムズの2台が18番手・19番手、トラブルのペレスが17番手、そしてハースのロマン・グロージャンが16番手でQ1敗退となった。トップから16番手グロージャンまでが0,658秒差、10番手ケビン・マグヌッセン(ハース)から16番手グロージャンまでは0.168秒差という大接戦となった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

au Circuit Queen
近藤みやび(こんどうみやび)

F1 Photo Ranking

フォトランキング